@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

才蔵【サイゾウ】

デジタル大辞泉

さい‐ぞう〔‐ザウ〕【才蔵】
万歳(まんざい)で、太夫(たゆう)の相手を務め、を打ち、こっけいなしぐさで人を笑わせる役。 新年》
相手の話に調子を合わせ、相づちばかり打つ人をあざけっていう語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいぞう【才蔵】
雑芸人の名称。千秋万歳(せんずまんざい)や万歳はふつう2人一組で演じられ,一方を太夫,一方を才蔵と称する。万歳は太夫と才蔵の掛合が基本で,太夫は烏帽子直垂(ひたたれ)(または素襖(すおう))姿,才蔵は投頭巾(ずきん)(大黒頭巾)に裁着(たつつけ)姿が一般的である。シテ役の太夫は扇子を持って千代万歳の祝言を言い立て,才蔵はワキ役で太夫の語りの間をぬって相槌を打ち,鼓を打ち鳴らし,囃したり,歌ったりしながらモドキの役割と滑稽(こつけい)な三枚目を演じる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

才蔵
さいぞう

正月の三河万歳で太夫(たゆう)の相手をする道化役。大黒頭巾(だいこくずきん)をかぶり、太夫にあわせて鼓をたたき、はやしながら供をする。転じて、調子よく相づちを打つ追従者(ついしょうもの)を軽蔑(けいべつ)していうこともある。語源については、万歳の歳(才)をとって、才蔵と人の名に擬したとする説や、千秋(センズ)が訛(なま)ったとする説などがある。幕府の保護を受けて盛んであった江戸時代には、毎年歳末のころ、江戸・日本橋四日市に才蔵市が立ち、この市で太夫は才蔵役を務める人物を雇うわけだが、道化役だけに顔だちやしぐさが滑稽(こっけい)で、機転の利く人物をスカウトし、正月には江戸の町家の門々を回ることになる。幕末までこの市は続き、才蔵役は多くは安房(あわ)・上総(かずさ)(千葉県)、下総古河(しもうさこが)(茨城県西部)の出身者であったといわれる。

[棚橋正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐ぞう ‥ザウ【才蔵】
〘名〙
① 正月の三河万歳の太夫の相手をする滑稽な役の者。《季・新年》
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一一(1761)鶴二「才蔵はのみかねまじき面っつき」
② 調子よく相槌をうつ人をあざけって言う語。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

才蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

才蔵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation