@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

打倒【ダトウ】

デジタル大辞泉

だ‐とう〔‐タウ〕【打倒】
[名](スル)うちたおすこと。うちまかすこと。「独裁制を打倒する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うち‐たお・れる ‥たふれる【打倒】
〘自ラ下一〙 うちたふ・る 〘自ラ下二〙 (「うち」は接頭語) ばったり倒れる。ぶったおれる。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)四「帰る道にてうちたをれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だ‐とう ‥タウ【打倒】
〘名〙
① 打撃を加えて相手を倒すこと。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「急に溝板を抽いて棒を架住し、運一運、他の脛を望て打倒し去る」
② 立ち行かなくなるように打撃を加える。うちほろぼす。また、争い事で、相手を負かす。
※旅‐昭和五年(1930)八月号・南支行脚〈小室孝雄〉「打倒日本帝国主義打倒日本資本侵略主義の宣伝ビラは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶっ‐たお・す ‥たふす【打倒】
〘他サ五(四)〙 (「ぶちたおす(打倒)」の変化した語) 打ってたおす。なぐってたおす。また、「たおす(倒)」の俗語的表現。
※落語・素人人力(1893)〈三代目三遊亭円遊〉「をっと子供を三人打倒(ブッタフ)した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶっ‐たお・れる ‥たふれる【打倒】
〘自ラ下一〙 ぶったふ・る 〘自ラ下二〙 (「ぶっ」は接頭語) はげしい勢いでたおれる。また、「たおれる(倒)」の俗語的表現。
※雑兵物語(1683頃)下「あに頑馬だによってがらりぶったをれたによって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打倒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

打倒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation