@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

打入・討入【うちいる】

精選版 日本国語大辞典

うち‐い・る【打入・討入】
[1] 〘他ラ下二〙
① (「うち」は接頭語) 無造作にひょいと入れる。
※竹取(9C末‐10C初)「手にうち入て家へ持ちて来ぬ」
② ばくちなどをして、金品をつぎこむ。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「ばくち不合の者にて、身のしゃうぞくなどはみなうちいれて」
③ (「うち」は接頭語) 勢いよく入れる。
※今昔(1120頃か)二八「鼻て粥の鋺にふたと打入れつれば」
※太平記(14C後)九「泥土の中へ馬を打入れ、我先にとぞ進みける」
④ (「うち」は接頭語) 味方の軍勢を退却させる。
※日葡辞書(1603‐04)「Vchiire, ruru, eta(ウチイルル)〈訳〉戦陣の人々を退却させる、または逃げ込ませる」
⑤ 鷹狩りに用いる犬をせめたたいて、鷹に襲いかからないようにならす。打って仕込む。
※日葡辞書(1603‐04)「イヌヲ vchiiruru(ウチイルル)。〈略〉 Vchiireta(ウチイレタ) イヌ」
⑥ たたいて入れる。
※古活字本毛詩抄(17C前)一一「是がくいをうちいるると同ぢゃ」
[2] 〘自ラ五(四)〙
① 勢いよくはいりこむ。また、攻め込む。襲いかかる。
※今昔(1120頃か)二九「馬を走せて山に打入て見ければ」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)象潟「海北にかまえて浪打入る所を」
② 軍勢が退却する。
※日葡辞書(1603‐04)「Vchiiri, ru, itta(ウチイル)〈訳〉戦陣の人々が逃げ込む、または、退却する」
③ 囲碁などに熱中する。熱心にうつ。
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「明暮れ碁に打入て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打入・討入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

打入・討入の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation