@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

打荷【ウチニ】

デジタル大辞泉

うち‐に【打(ち)荷】
船が難破しそうになったとき、船体の安全をはかるため積みの一部を海に投げ捨てること。また、その荷。荷打ち。投げ荷。捨て荷。(は)ね荷。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うちに【打荷】
船舶が航海中暴風雨に遭い,危険が迫ったとき,船頭が船および積荷の安全のため,積荷の一部を海中に捨てること。捨荷ともいう。これによる損失は,このため救われた船主および荷主が共同海損として分担した。15世紀後半からの慣行であるが,17世紀からは,打荷した船頭は,最寄りの港の浦役人に届け,海難を証する浦証文を受ける必要があった。これを怠ったときは,船頭は民事上,ときには刑事上の責任を負わされた。【金指 正三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うち‐に【打荷】
〘名〙 船が風波に遭い難破のおそれがあるとき、積み荷の一部を海に投げ棄てて船体や他の荷物の安全をはかること。また、その捨てた荷物。捨て荷。刎(は)ね荷。荷打ち。投げ荷。浮き荷物。
※禁令考‐後集・第二・巻一八・寛保二年(1742)「打荷或破船と偽、荷物を押領致候もの 船頭 獄門」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

打荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation