@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

打豆【ウチマメ】

デジタル大辞泉

うち‐まめ【打(ち)豆】
を水に浸してふやかし、木槌(きづち)で打ちつぶしたもの。汁に入れたり煮たりして食べる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

打豆
うちまめ

ダイズを平たくつぶしたもので、料理に用いる。とくに、新潟地方の青ダイズは打豆に好適で、地方名物にもなっている。ダイズを水につけて一晩置き、石臼(いしうす)を裏返しにして1粒ずつていねいに木槌(きづち)でたたいて平らにつぶす。水の含ませ方にこつがあり、水が多過ぎるとべたついて平らにならない。また少ないと割れてしまう。打豆はダイコン、ゴボウなどといっしょにみそ汁の実にするのが一般的な扱い方であるが、炒(い)りつけて塩をふると酒の肴(さかな)にもなる。またさっとゆでて酢の物にしたり、エビ、イカの刻んだものをいっしょにして揚げ物にする。また福井地方にも特産の白ダイズを使った打豆がある。白ダイズを60℃前後の湯にしばらくつけ、ざるに上げ、紙上に広げて水分をとり、石臼の裏に置いて木槌でつぶす。せん切り大根、ダイコンの葉などとともにみそ煮にしたり、ワカメといっしょに煮物にする。また乾燥しておき、必要に応じていろいろの料理に用いる。

[多田鉄之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うち‐まめ【打豆】
〘名〙
① ふやかした大豆を槌(つち)で打ちつぶし練った物。汁などに入れて食べる。〔易林本節用集(1597)〕
② 節分にまく豆。
※俳諧・誹諧通俗志(1716)時令「おにやらひ なやらふ 豆はやす 打豆」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

打豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation