@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

托卵【たくらん】

知恵蔵

托卵
自分の産んだを他の個体てさせる習性で、育てる方を仮親と呼ぶ。カッコウなどの鳥類でよく知られるが、ナマズなどの魚類にも例がある。托卵するは仮親のに卵を産み込むと同時に仮親の卵を一部除去し、孵化したは仮親の卵を巣外に放り出す。仮親も産み込まれた卵を除去するなどの対抗措置を発達させるため、托卵される卵は仮親の卵によく似ているものが多い。
(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

たく‐らん【×托卵】
鳥が他種の鳥の巣に卵を産み、抱卵育雛(いくすう)をさせる習性。日本ではホトトギスカッコウジュウイチツツドリにみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たくらん【托卵 brood parasitism】
自分では巣をつくらずに,ほかの種の鳥の巣に卵を産みこみ,その後の世話をその巣の親鳥にまかせてしまう鳥の習性。ホトトギス科,ミツオシエ科,ムクドリモドキ科,ハタオリドリ科,ガンカモ科の鳥に見られる。この習性について最もよく調べられているのは,ホトトギス科のホトトギス属の鳥,特にカッコウである。これらの鳥では,は自分の卵を1個産みこむと同時に,巣の中の卵を1個くわえとり,飲みこむか捨てるかしてしまう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

托卵
たくらん
brood parasitism; nest parasitism
同種あるいは他種の鳥の巣へ卵を産み,その巣の持ち主に抱卵,育雛をさせる習性。同種の場合には種内托卵という。托卵される鳥は仮親や宿種と呼ばれる。托卵する鳥は自分で育雛をする種とまったくしない種がある。種内托卵の場合は,ほとんどの種の鳥が育雛をするが,ほかの個体の巣に卵を産む雌はしない場合もある。他種の巣に卵を産み,育雛を托卵だけに頼っている種の鳥は,巣もつくらない。托卵をする鳥としてはカッコウが有名だが,140種ほどいるカッコウの仲間でも,半数以上の種は托卵をせずに自分で巣づくりから育雛まで行ない,そのなかの少数はときには托卵もする。日本ではカッコウのほかツツドリジュウイチホトトギスが托卵性である。育雛をしない托卵性の鳥にはカッコウ類のほかにコウウチョウ類,ミツオシエ類,カエデチョウ類と,南アメリカにすむカモ類の一種ズグロガモ Heteronetta atricapilla がいる。他種に托卵する鳥は仮親とする種が決まっていて,産み落とした卵も仮親の卵によく似ていることが多い。同種でも生息地が異なると托卵する種が異なり,卵の色が異なる場合もある。孵化したはカッコウ類ではその巣にあるほかの卵を巣から外にほうり出して,ミツオシエ類では先がかぎ状になったで巣内のほかの雛をかみ殺して,どちらも仮親の育雛を独占する。コウウチョウ類などは仮親の雛といっしょに育てられる。ズグロガモは離巣性で,雛は孵化するとすぐに独立する。種内托卵の場合は,ほかの個体の雛も仮親の雛といっしょに育てられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

托卵
たくらん

鳥類が繁殖に際し、営巣、抱卵、雛(ひな)の世話を自分で行わずに、ほかの鳥(仮親)に任せる習性をいう。托卵鳥は、日本にはホトトギス科のホトトギス、カッコウ、ツツドリ、ジュウイチの4種が繁殖している。このような習性をもつ鳥類は、世界ではホトトギス科、ムクドリモドキ科、ミツオシエ科、ハタオリドリ科、カモ科の約80種であり、現生の鳥類全体で約1%にすぎない。托卵習性がこのようにいくつもの科にまたがることは、この習性が独立に何回も生じたことを示唆しているが、托卵習性の起源と進化についてはまだ完全にはわかっていない。

 ホトトギス類の卵は、仮親の卵に色や模様がよく似ている。たとえば、ホトトギスは仮親であるウグイスと似たチョコレート色の卵を産み、ジュウイチは仮親のコルリと似た青色を帯びた卵を産む。さらに、数種類の仮親に托卵するカッコウやツツドリでは、同じ種でも仮親の違いに応じて異なる色の卵を産む系統があることが知られており、ホトトギスのいない北海道では、ツツドリがウグイスの巣にチョコレート色の卵を産み込むことが1984年(昭和59)発見された。

 托卵鳥は、仮親の留守を見計らい、その巣から卵を1個または数個くわえ出し、数秒の間に自分の卵を1個産み込む。その卵は普通、仮親の卵より先に孵化(ふか)し、かえった雛は背中のくぼみに仮親の卵や雛をのせて巣外へほうり出す。ミツオシエの雛は、鉤(かぎ)状の嘴(くちばし)で仮親の雛を殺してしまい、巣を独占した雛は仮親から給餌(きゅうじ)を受けて大きくなる。しかし、なかにはアメリカジカッコウのように、仮親の雛と巣内でいっしょに育つものもある。

[山岸 哲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たく‐らん【托卵】
〘名〙 鳥類で、自分では巣を作らず、他種の鳥の巣に卵を産みこんで、その鳥に抱卵・育雛させること。カッコウ科の一部のほか、ミツオシエ類・ハタオリドリ類・ムクドリモドキ類・カモ類の約八〇種にこの習性を持つ鳥が知られている。日本ではカッコウ科のホトトギス・カッコウ・ツツドリ・ジュウイチの四種がこの習性を持ち、卵色が仮親の卵に似るとか、産卵時間が非常に短いとか、雛は仮親の卵や雛を巣外へ押し出すとかの、付随的な性質まで持っている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

托卵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

托卵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation