@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

扮装【ふんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

扮装
ふんそう
disguise
俳優や舞踊家が劇中人物を表現するために,化粧を施し,衣装,かつら仮面,かぶりもの,履物などを身に着けること。せりふしぐさに先立ち,観客視覚に訴えて,その役の時代,地域,年齢,職業地位,性格などを説明するための重要な劇的要素。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふん‐そう〔‐サウ〕【×扮装】
[名](スル)俳優が、その役柄らしく、身なりや顔かたちなどをつくり装うこと。また、その装い。一般に、ある人物などに似たかっこうをすることにもいう。「ピエロに扮装する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふんそう【扮装】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふんそう【扮装】
スル
俳優が役柄に合わせた装いをすること。また、その装い。
身なりをよそおうこと。また、変装すること。 老人に-して逃れる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふん‐そう ‥サウ【扮装】
〘名〙
① 身なりをよそおい飾ること。また、そのよそおい。いでたち。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉三三「時々中国人に装して市中を廻った」
② 俳優がその役柄の人物に似せて衣服、顔かたちをよそおうこと。また、そのよそおい。
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一一「代々の名優の工夫に成る一定の扮装、一定の動作」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

扮装」の用語解説はコトバンクが提供しています。

扮装の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation