@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

承和【ジョウワ】

デジタル大辞泉

じょうわ【承和】
《「しょうわ」とも》平安初期、仁明(にんみょう)天皇の時の年号。834年1月3日~848年6月13日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうわ【承和】
じょうわ承和

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうわ【承和】
年号(834.1.3~848.6.13)。天長の後、嘉祥の前。仁明にんみよう天皇の代。しょうわ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

じょうわ【承和】
日本の元号(年号)。平安時代の834年から848年まで、仁明(にんみょう)天皇の代の元号。前元号は天長(てんちょう)。次元号は嘉祥(かしょう)。834年(天長11)1月3日改元。仁明天皇の即位にともない行われた(代始改元)。842年(承和9)に「承和の変」と呼ばれる大きな政変が起こった。840年(承和7)の淳和(じゅんな)上皇に続き、842年(承和9)に、院政を敷いて朝廷の実権を握っていた嵯峨(さが)上皇が崩御すると、仁明天皇は皇太子の恒貞(つねさだ)親王(淳和の皇子)を支持する伴健岑(とものこわみね)や橘逸勢(たちばなのはやなり)らを逮捕して左遷・流罪とし、恒貞親王を廃太子して、道康(みちやす)親王(後の文徳(もんとく)天皇)を改めて立太子した。嵯峨の院政下、急速に台頭した藤原良房(よしふさ)は、妹の順子(じゅんし)を仁明天皇の中宮とし、順子は仁明との間に道康親王を設けていた。良房は道康親王の皇位継承を強く望んだといわれ、危機感を抱いた恒貞親王(皇太子)支持派は、皇太子を東国へ移すことを策したが発覚し阻止された。良房は、この政変をきっかけに昇進を重ね、やがて人臣初の太政大臣・摂政となる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうわ【承和】
⇒承和(じょうわ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうわ【承和】
(「しょうわ」とも) 仁明(にんみょう)天皇の代の年号。天長一一年(八三四)一月三日、前年の天皇即位により改元。承和一五年(八四八)六月一三日に嘉祥(かしょう)元年となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

承和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

承和の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation