@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

承徳【ショウトク】

デジタル大辞泉

しょうとく【承徳】
中国河北省北東部の都市。旧熱河省省都朝の避暑のための離宮などがのこる。チョントー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうとく【承徳】[年号]
《「じょうとく」とも》平安後期、堀河天皇の時の年号。1097年11月21日~1099年8月28日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうとく【承徳 Chéng dé】
中国,河北省北東部の都市。旧称は熱河。灤河らんが)上流の武烈河に沿い,付近から温泉が出るのでこの河を熱河といったのが地名のもとである。古来烏桓,鮮卑,契丹などの諸民族が興亡した舞台で,南は古北口を経て北京に通じ,北は赤峰,西はドロンノールに至る万里の長城外の交通上の要衝を占める。清の康熙42年(1703),康熙帝がここに離宮として避暑山荘を経営し,その中に普陀宗乗之廟,須弥福寿廟という二大ラマ廟を建築した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうとく【承徳】
中国、河北省北部の都市。綿花・大豆・薬材の集散地。旧熱河省の省都。チョントー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょうとく【承徳】
じょうとく承徳

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうとく【承徳】
年号(1097.11.21~1099.8.28)。永長の後、康和の前。堀河天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

じょうとく【承徳】
日本の元号(年号)。平安時代の1097年から1099年まで、堀河(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は永長(えいちょう)。次元号は康和(こうわ)。1097年(永長2)11月21日改元。天変と地震の凶兆・凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

承徳
しょうとく / チョントー
中国、河北(かほく)省北部の地級市。3市轄区、5県、3自治県を管轄する(2016年時点)。人口380万7000(2014)。(らんが)の上流、燕山(えんざん)山地の東部にあり、河北平野と内モンゴル自治区東部、遼寧(りょうねい)省西部を結ぶ交通の要衝で、張家口(ちょうかこう)と並ぶ河北省北部の中心都市である。主要な農産物は雑穀、薬材、果物などで、鉄鉱を産し鉄鋼・機械工業が発達する。錦承線(錦州(きんしゅう)―承徳)、京通線(北京(ペキン)―通遼(つうりょう))、2015年開通の張唐線(張家口―唐山(とうざん))が通る。
 清(しん)の康煕帝(こうきてい)のとき、元の北京に対する上都に倣い、夏季の避暑地として離宮が置かれ、付近の河川の名にちなんで熱河(ねっか)庁が設けられ、宮室の直轄地となった。のち承徳府と改められ、1928年熱河省が置かれたときは省都となった。1948年市になるとともに南の下板城鎮(かばんじょうちん)には承徳県が置かれた。
 離宮である避暑山荘は面積564万平方メートル、多くの建造物、庭園を含み、現存する中国最大の王宮遺跡である。このほか「外八廟(がいはちびょう)」とよばれる普寧(ふねい)寺、普楽寺、普陀(ふだ)宗乗廟などのチベット仏教(ラマ教)寺院も離宮に付随して建てられた。これらは1994年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「承徳の避暑山荘と外八廟」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[秋山元秀・編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうとく【承徳】
中国、河北省北東部、灤(らん)河上流の武烈河(熱河)西岸にある都市。旧熱河省の省都。旧称、熱河。市北西に清朝歴代皇帝の夏季行宮(あんぐう)があった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょうとく【承徳】
(「しょうとく」とも) 堀河天皇の代の年号。永長二年(一〇九七)一一月二一日に天変・地震などのため改元、承徳三年(一〇九九)八月二八日に康和元年となる。関白は藤原師通。出典は「周易」の「幹父之蠱用誉承以徳也」による。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

承徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

承徳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation