@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ソモ】

デジタル大辞泉

そ‐も【抑】
[接]《代名詞「そ(其)」+係助詞「も」から》物事の根源を説き起こすとき、または改めて問題を提起するときに用いる。いったい。そもそも。それにしても。
「―、われの始めて君を見まつりしは」〈荷風・ふらんす物語〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そも‐そも【抑】
[名]《接続詞「そもそも」が文頭に置かれるところから》最初。発端。副詞的にも用いる。「この話にはから反対だった」「目的が違う」
[接]改めて説き起こすときに用いる語。いったい。だいたい。さて。「人間というものは」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よく【抑】[漢字項目]
常用漢字] [音]ヨク(漢) [訓]おさえる そもそも
上からおさえつけてとめる。おさえる。「抑圧抑止抑制抑揚抑留謙抑
[名のり]あきら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そも【抑】
接続
代名詞そ(其)に係助詞の付いたもの
前に述べたことを受けて次のことを説き起こすとき用いる語。そもそも。一体全体。 坊さんが何か云てたよ。-何とかいつたつけ/怪談牡丹灯籠 円朝

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そも‐そも【抑】
[1] 〘接続〙 (「そも」を重ねて強くいう語。もと主として漢文訓読また漢文訓読調の文章に用いられた) 改めて事柄を説き起こすことを示す。一体。さて。
※続日本紀‐天応元年(781)四月三日・宣命「曾毛曾毛(ソモソモ)百足の虫の死ぬるに至りても顛(たふ)れざる事は輔(たすけ)を多みとなも聞こし食(め)す」
※源氏(1001‐14頃)若紫「そもそも女人は人にもてなされておとなにもなり給ふものなれば」
[2] 〘名〙 ((一)の転じた語) はじめ。おこり。
※俳諧・毛吹草(1638)五「月も日も抑なれや諷初」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation