@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抒情詩【じょじょうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

抒情詩
じょじょうし
lyric poetry
語源は古代ギリシアのリュラ (竪琴) lyraに合せて歌う詩のこと。すなわち音楽と詩が未分化であった時代,またある出来事叙述とそれに伴う情緒の表現の間に明確な差異が感じられなかった時代にその起源をもつものである。叙事詩が過去の出来事の展開として,劇詩が未来の結末へ向う行動の発展として,いずれも客観的な出来事をその「対象性」において表現するのに対し,抒情詩の時制は現在であり,しかも主観的な感動をその「状態性」において表現する。したがって長さは他のジャンルに比べて短く,また純粋詩に向う傾向を内蔵する。そして恋愛詩のように純粋に抒情的なものと瞑想 (思想) 詩のように知的な傾向のものなどに分類される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょじょうし【抒情詩】[書名]
国木田独歩田山花袋柳田国男宮崎湖処子(こしょし)太田玉茗が合同で出版した詩集。明治30年(1897)刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょじょうし【抒情詩 lyric】
抒情詩は,叙事詩および劇詩と並んで,古来,詩の三大部門の一つをなしてきたが,この区分は多分に便宜的なものにすぎない。抒情詩そのものがそもそも厳密には定義しがたいものであり,ある事件の推移を忠実に追わなければならない叙事詩と対比して,個人の内心の主観的な感情や情緒を表現することに重きを置く詩を指すと一応はいうことができるとしても,叙事詩,劇詩のなかにも,その種の要素が濃厚に流れこんでいる場合はめずらしくない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

抒情詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抒情詩の関連情報

関連キーワード

こと座(琴座)ベガ

他サービスで検索

「抒情詩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation