@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

投入【トウニュウ】

デジタル大辞泉

とう‐にゅう〔‐ニフ〕【投入】
[名](スル)
物を投げいれること。投げこむこと。「火中に投入する」
事業などに資金・労力などを注ぎこむこと。「主力を投入する」
心理学で、他人の望ましいものを自分のものとすること。→同一視2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうにゅう【投入】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

なげいれ【投入】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とう‐にゅう ‥ニフ【投入】
〘名〙
① 投げ入れること。投げ込むこと。〔音訓新聞字引(1876)〕
② かなりの人員・資本・精力などを注ぎこむこと。
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「集めて来た人間を十把ひとからげにまとめて戦場や工場へ投入したり」
③ 心理学で、同一視の一種。自分自身が拡大して他人のことを自分のこととすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なげ‐いれ【投入】
〘名〙
※仙伝抄(1445)「なげ入といふは、船などに活けたる花のことなり」
② 現代の生け花で、つぼ・びん・かごなどの花器に、自由に生ける生け方。またはその花。
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉九「投げ入れの活け花を覚えこませるのに夢中であったが」
③ 和船の踏立板(揚げ板式の甲板)を渡すため、各船梁の間に配する根太状の材。踏立(ふだて)。〔和漢船用集(1766)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なげ‐い・れる【投入】
〘他ラ下一〙 なげい・る 〘他ラ下二〙
① 投げて内部へ入れる。投げこむ。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「斑(ふち)駒を生剥(いきはき)にして其の殿(みやらか)の内に納(ナケイル)
② 生け花で、自然のままの風姿を保つように、自由に生ける。
※女弟子(1961)〈有吉佐和子〉「檀(まゆみ)が一枝、紅葉した葉の下に薄紅色の実の美しいのが、さりげなく投入れてありました」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

投入
とうにゅう
取入れ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投入
なげいれ
瓶華」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

投入の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation