@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

投資信託振替制度【とうししんたくふりかえせいど】

投資信託の用語集

投資信託振替制度

受益証券を無券面化し、投資信託の設定や解約償還等に伴う受益者権利の管理をコンピュータシステムにより行う制度のこと。この制度の開始により、原則として受益証券は発行されないようになり、受益者の権利の管理は、証券保管振替機構や証券会社などが備えるコンピュータ上の帳簿(振替口座簿)で行われるようになった。

出典:(社)投資信託協会

投資信託振替制度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

投資信託振替制度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation