@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抗てんかん薬治療について【こうてんかんやくちりょうについて】

家庭医学館

こうてんかんやくちりょうについて【抗てんかん薬治療について】
 てんかん発作(ほっさ)の発作型によって、適切な薬がある程度決まります。ですから、てんかんの類型を正確に決定してもらう必要があるのです。
 医師は、いくつかの候補のなかから副作用、服用回数なども考慮にいれて、もっとも適当と思われる抗てんかん薬を選び、治療を開始します。抗てんかん薬は、有効量と中毒量近く、個人差も大きいため、服用量は慎重に決められます。そのため治療中は血液検査を定期的に行ない、副作用の有無を調べるとともに、抗てんかん薬の血中濃度を測定して、適切な服用量であるかどうかがチェックされます。てんかんについては、薬剤相互作用や副作用の点から考えて、なるべく1種類の薬剤で治療するほうが望ましいとされています。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

抗てんかん薬治療について」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抗てんかん薬治療についての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation