@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抗てんかん薬

栄養・生化学辞典

抗てんかん薬
 抗痙攣薬ともいう.てんかん発作がでることを抑制する薬剤.多くの種類がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

抗てんかん薬
こうてんかんやく

てんかんの治療に用いられる薬剤。てんかんは、けいれんと意識喪失とが反復して現れる慢性脳疾患で、てんかんによるけいれんを大発作、短時間の意識喪失を小発作といい、意識混濁、異常行動などの発現を精神運動発作という。したがって抗てんかん薬は、大発作、小発作、精神運動発作のそれぞれに用いられるものに分けられるが、同一薬剤で2種の発作に有効なものもある。

 化学構造上は次のように分けられる。(1)フェナセミド系(アセチルフェネトライド、エチルフェネトライド、フェナセミド)、(2)ヒダントイン系(エトトイン、フェニトイン)、(3)オキサゾリジン系(トリメタジオン)、(4)バルビツール酸系(フェノバルビタール、メフォバルビタール)、(5)スルホンアミド系(スルチアム)、(6)スクシミド系(エトスクシミド)、(7)その他(カルバマゼピン、クロナゼパム、バルプロ酸ナトリウム)など。フェニトインとフェノバルビタールの配合は古くからてんかんの治療に繁用されている。睡眠薬のニトラゼパムもこの目的で応用される。てんかんの大発作にはフェノバルビタール、メフォバルビタール、メタルビタール、フェニトイン、エトトイン、プリミドン、小発作にはトリメタジオン、エトスクシミド、ニトラゼパム、クロナゼパム、バルプロ酸ナトリウム、精神運動発作にはスルチアム、フェナセミド、カルバマゼピン、バルプロ酸ナトリウムが用いられる。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗てんかん薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抗てんかん薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation