@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抗毒素製剤【こうどくそせいざい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

抗毒素製剤
こうどくそせいざい

抗毒素を含む血清。ジフテリア菌や破傷風菌などの産生する菌体外毒素や、マムシ、ハブなどの毒ヘビの毒素を動物に注射すると、毒素に対する抗体が生じる。この抗体を抗毒素という。抗毒素は特異的に対応する毒素と結合し、中和反応を現す。抗毒素は血清中に生産されるので、抗毒素を含む血清を抗毒素血清といい、治療に用いられるところから治療血清ともいう。抗毒素製剤には液状のものと凍結乾燥したものとがある。ジフテリア抗毒素、乾燥ジフテリア抗毒素、破傷風抗毒素、乾燥破傷風抗毒素、ガス壊疽(えそ)抗毒素、乾燥ガス壊疽抗毒素、乾燥まむし抗毒素、乾燥はぶ抗毒素、ワイル病治療血清などがあり、それぞれ治療と予防の目的で使用される。最近では精製して凍結乾燥した製剤が多くなった。免疫血清なので、効果の発現が早いが、免疫の持続時間は短い。また、血清病、ショックの副作用がある。これらの抗毒素製剤を用いて治療する方法を血清療法(抗毒素療法)という。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗毒素製剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抗毒素製剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation