@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抗酸化物質【コウサンカブッシツ】

デジタル大辞泉

こうさんか‐ぶっしつ〔カウサンクワ‐〕【抗酸化物質】
生体内で、酸素が関与する有害な作用を抑制する物質総称活性酸素が細胞内で過剰な酸化ストレスを引き起こさないよう、強い還元性によりその反応無害化する。ビタミンCビタミンEポリフェノールなどが知られる。食品添加物としては酸化防止剤とよばれる。抗酸化剤

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうさんかぶっしつ【抗酸化物質】
体内の活性酸素を消去する作用のある物質。ビタミン C 、ベータカロテン、ポリフェノールなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗酸化物質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抗酸化物質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation