@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

折口信夫【おりくちしのぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

折口信夫
おりくちしのぶ
[生]1887.2.11. 大阪,木津
[没]1953.9.3. 東京
歌人,国文学者,民俗学者。釈迢空 (しゃくちょうくう) 。 1910年國學院大學国文科卒業。学生時代より作歌に親しみ『アララギ』の同人となった (1917) が,のち反「写生」の立場に転じ北原白秋らと雑誌『日光』を創刊 (1924) ,1925年四句詩形式で美意識の強い浪漫調の処女歌集海やまのあひだ』を出版した。また柳田国男に師事して民俗学の開拓に努める一方,國學院大學教授となって (1922) ,『万葉集』『源氏物語』の講座を担当した。 1948年には詩集古代感愛集』で日本芸術院賞を受けるなど活動は多岐にわたった。そのほかの代表作『古代研究』 (1929~30) ,歌集『春のことぶれ』 (1930) ,小説死者の書』 (1939) など。後日本芸術院より恩賜賞が贈られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おりくち‐しのぶ〔をりくち‐〕【折口信夫】
[1887~1953]国文学者・民俗学者・歌人。大阪の生まれ。号、釈迢空(しゃくちょうくう)。国学院大・慶応大教授。日本文学・古典芸能を民俗学の観点から研究。歌人としても独自の境地をひらいた。歌集「海やまのあひだ」、詩集「古代感愛集」、小説「死者の書」、研究書「古代研究」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

折口信夫 おりくち-しのぶ
1887-1953 大正-昭和時代の国文学者,民俗学者,歌人。
明治20年2月11日生まれ。柳田国男を生涯の師とし,国文学に民俗学的研究を導入した。短歌は「アララギ」同人,のち北原白秋らと「日光」を創刊。国学院大,慶大教授。昭和23年芸術院賞。昭和28年9月3日死去。66歳。死後の32年芸術院恩賜賞。大阪出身。国学院大卒。歌人名は釈迢空(しゃく-ちょうくう)。著作に「古代研究」「死者の書」,歌集「海やまのあひだ」,詩集「古代感愛集」など。
【格言など】子をおもふ親の心のはかりえぬ深きに触りて我はかなしむ(遺歌集「倭をぐな」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おりくちしのぶ【折口信夫】
1887‐1953(明治20‐昭和28)
国文学者,民俗学者,歌人,詩人。大阪生れ。歌人,詩人としては釈迢空(しやくちようくう)と名のった。信夫の手がけた領域は多方面にわたって,そのいずれも独創的な内容を持ち,民俗学的国文学,日本芸能史論の創始者であって,成し遂げた業績は後に〈折口学〉と世間から称される学問体系を作っている。
[歌人・詩人として]
 少年期から短歌に親しみ,《万葉集》を読破していた信夫は,国学院大学在学中から服部躬治や東京根岸短歌会の歌人を知り,1917年に《アララギ》同人になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おりくちしのぶ【折口信夫】
1887~1953 国文学者・民俗学者・歌人。大阪生まれ。号、釈迢空しやくちようくう。国学院大・慶大教授。国文学の民俗学的研究や神道・芸能などの研究に優れた業績を残す一方、歌人としても独自の境地を開いた。著「古代研究」、歌集「海山のあひだ」、詩集「古代感愛集」、小説「死者の書」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

折口信夫
おりくちしのぶ
(1887―1953)
国文学者、民俗学者、歌人。筆名釈迢空(しゃくちょうくう)。明治20年2月11日大阪府西成(にしなり)郡木津村(現、大阪市浪速(なにわ)区)に生まれる。生家は医者と生薬(きぐすり)・雑貨を売る商家を兼ねていた。1905年(明治38)天王寺中学を卒業し、国学院大学に進んだ。中学生のころから古典を精読し、友人の武田祐吉(たけだゆうきち)らとともに短歌創作に励む。国学院では国学者三矢重松(みつやしげまつ)から深い恩顧を受けた。卒業して大阪の今宮中学の教員となったが、2年余で辞して上京、国文学の研究と短歌の創作に情熱を注ぐ。歌人島木赤彦(しまきあかひこ)を知って『アララギ』に入会。また民俗学者柳田国男(やなぎたくにお)を知って、深い影響を受け、進むべき学の方途をみいだした。1919年(大正8)国学院大学講師となり、のち教授として終生国学院の教職にあった。1920年中部・東海地方の山間部を民俗採訪のため旅行、1921年『アララギ』を退会、この年と1923年の二度にわたって沖縄に民俗採訪旅行。折口の古代研究の学は、この時期の採訪旅行によって開眼した。
 1923年慶応義塾大学講師となり、のち教授として没年まで勤続する。1924年、前年に没した三矢重松の「源氏物語全講会」を継承して開講、またこの年、古泉千樫(こいずみちかし)、北原白秋(きたはらはくしゅう)らの短歌雑誌『日光』に同人として参加。1926年長野県・愛知県山間部に花祭、雪祭を採訪調査。1930年(昭和5)とその翌年、東北地方各地を旅する。1932年文学博士となる。1944年門弟藤井春洋(ふじいはるみ)(1907―1945)を養嗣子(ようしし)としたが、春洋は翌年硫黄(いおう)島で戦死。1948年(昭和23)第1回日本学術会議会員に選ばれ、翌1949年歌会始選者となる。昭和28年9月3日、胃がんによって死去。66歳。
 その学風は、国学の研究法に新しく民俗学の研究法をあわせ、さらに独自の個性による実感の学としての要素を加えて、古代から現代に至る日本人の心の伝承をとらえようとしたもので、研究の領域は国文学、民俗学をはじめ、神道学、国語学、芸能史の面に及んでいる。日本人の神観念のうえに外来神の要素をみいだし、それを「まれびと(まろうど)」として位置づけ、さらに「まれびと信仰」に基づく日本文学の発生論を示した。おもな著書に『古代研究』3巻(1929~1930)、『日本文学の発生序説』(1951)、『近代短歌』(1940)、『日本芸能史六講』(1944)、『口訳万葉集』(1916、1917)がある。
 創作の面も多岐にわたっているが、生涯の情熱を注いだのは短歌で、民俗学者として旅中に得た感動を、沈潜したしらべにのせて歌った。「歳(とし)深き山の かそけさ。人をりて、まれにもの言ふ 声きこえつゝ」。歌に句読点を打ったり、歌のほろびと次の詩型を予感した評論『歌の円寂(えんじゃく)する時』を書いて、歌壇に清新の気を与えた。歌集に『海やまのあひだ』(1925)、『春のことぶれ』(1930)、『水の上』(1948)、『遠やまひこ』(1948)、『倭(やまと)をぐな』(1955)、詩集に『古代感愛集』(1952。芸術院賞受賞)、『近代悲傷集』(1952)、『現代襤褸(らんる)集』(1956)、小説に『死者の書』(1939)がある。[岡野弘彦]
『『折口信夫全集』37巻・別巻3(1965~2002・中央公論社、中央公論新社) ▽『折口信夫全集 ノート編』18巻・別巻1・追補5巻(1970~1988・中央公論社) ▽池田弥三郎著『日本民俗文化大系2 折口信夫』(1978・講談社) ▽加藤守雄著『折口信夫伝――釈迢空の形成』(1979・角川書店) ▽藤井貞和著『釈迢空』(1974・国文社/講談社学術文庫) ▽梶木剛著『折口信夫の世界』(1982・砂子屋書房) ▽岡野弘彦著『折口信夫の晩年』(1969・中央公論社/中公文庫/修正版・2017・慶応義塾大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おりくち‐しのぶ【折口信夫】
国文学者、民俗学者、歌人。文学博士。大阪生まれ。国学院大卒。筆名釈迢空(しゃくちょうくう)。国学院大学・慶応義塾大学教授。「アララギ」「日光」同人。芸術院賞受賞。歌集「海やまのあひだ」「春のことぶれ」、詩集「古代感愛(かんない)集」、著「古代研究」、小説「死者の書」など。明治二〇~昭和二八年(一八八七‐一九五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折口信夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

折口信夫の関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation