@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

折句【おりく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

折句
おりく
和歌,俳句雑俳などで,各の上に物名などを一文字ずつおいたもの。たとえば「からつつなれにしつましあればはるばるきぬるたびをしぞ思ふ」は「かきつばた」を折込んだ句。江戸時代の雑俳で流行し,五七五各句に折込む三字折,七七の2句に折込む二字折など多くの種類が生じた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おり‐く〔をり‐〕【折句】
短歌俳句川柳などの各句の初めに、物の名や地名などを1字ずつ置いて詠んだもの。「かきつばた」の5字を「ら衣つつなれにしましあればるばる来ぬるびをしぞ思ふ」〈伊勢・九〉と詠み込む類。→沓冠(くつかぶり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おりく【折句】
雑俳様式の一つ。元来は《伊勢物語》の,〈かきつばた〉を句頭に折り込んだ和歌ら衣つつなれにししあればるばる来ぬるをしぞ思ふ〉のような,和歌や発句の遊戯として行われた題詠詠み込みであった。1703年(元禄16)ごろに俳諧から独立。初めは,〈ミヤコ 塚や数たんびに戦場〉(《雪の》)のように,と作品の内容とを関係させたが,51年(宝暦1)に,大坂で自由に組み合わせた意味のない2字を7・7の句,3字を5・7・5でまとめる新風がくふうされ,以後,人事句として,とくに上方で流行した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おりく【折句】
和歌・俳句・川柳で、五音または三音の語の一音ずつを各句の初めに置いて詠む歌。「かきつばた」を「〈か〉らころも〈き〉つつなれにし〈つ〉ましあれば〈は〉るばるきぬる〈た〉びをしぞ思ふ」と詠む類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おり‐く をり‥【折句】
〘名〙
① 和歌の技法の一種。物の名など、仮名書きで五字の語句を、各句の頭に一字ずつよみ入れたもの。また、各句の首尾によみこむ沓冠折句(くつかぶりおりく)を含めて呼ぶこともある。おりくうた。
※古今著聞集(1254)五「花かうじ・しらまゆみといへる文字ぐさりを、歌の句のかみにすゑて折句の歌によませられける」
② 雑俳の一種。課題の語または字を句中によみ入れるもので、普通は五七五の各句頭に、三字からなる語の一字ずつを配置する。たとえば「塵塚」に明石(あかし)をよみこんだ「あひおもふ蚊屋に阿漕の忍妻」がみえる。その他、「天の逆鉾」の「寝所で鼠がちわも猫の留守」のように同一の字を各句頭に置くものなど、種々のやり方がある。
※咄本・宇喜蔵主古今咄揃(1678)序「はなしに骨(ほね)を折句(オリク)さへ、業平餠の数をわすれ」
③ 雑俳の一種。判者から上五文字を出して、下の七五を付けさせるもの。〔俳諧・俳論(1764)〕
[語誌](1)①の実作としては、「伊勢物語‐九」で、業平が「かきつばた」を句の頭において「ら衣つつなれにしましあればるばるきぬるびをしぞ思(おもふ)」と詠んだのが古い例。
(2)「折句」の歌例は「千載和歌集‐雑下」以下、勅撰集にも見え、相応の位置を占めていたらしい。その後、より技巧化して、十文字を各句の上下に据える沓冠折句も行なわれた。
(3)連歌・俳諧では、発句の一趣向として行なわれ、特に雑俳は②の形式で流行した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

折句
おりく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

折句の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation