@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

折本【オリホン】

デジタル大辞泉

おり‐ほん〔をり‐〕【折(り)本】
和本の装丁の一。横に長くつなぎ合わせた紙を端から折り畳んで作った、とじ目のない本。習字の手本や経典などに多い。
折り丁」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おりほん【折本】
書物形態の一種。古く巻子本(かんすぼん)(巻物)から変形したもの。巻子本は開閉に不便なので,それを避けるため区欄を設け,区欄と区欄のあいだの空白をちょうど折りたたみ屛風(びようぶ)のように前後に折って冊子の形とした。中国ではこれを〈褶本(しゆうほん)〉と呼んだ。この方法は法帖(ほうじよう),仏典などに利用され,習字手本,揮毫(きごうちよう)などに用いられている。折本の背を(のり)がためし,布や紙で包んで表紙をつけるか,または1枚の紙でくるんだものを〈旋風葉(せんぷうよう)〉と呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

折本
おりほん
巻物を同じ幅に折り畳み、その前後に表紙をつけて製本した本。巻子本(かんすぼん)とともに古い形の装訂法である。巻子本は長いものになると、広げたり巻き戻したり読むのに甚だ不便であった。折本はそれを折り畳んだ姿になる。この装訂法はすでに唐代から行われたという。書物装訂史のうえでは、巻子本から冊子本に移っていく過渡期の形ともいえる。法帖(ほうじょう)などに多くこの装訂法を用いているので、帖装本、法帖仕立ともいう。なお、折本の表紙には、後ろ表紙を一折の面の3倍にして、前表紙の上を左右から包み、右端につけた紐(ひも)を巻いて留めるという変形のものもある。宋(そう)代の版経にこの形式のものが少なくない。[金子和正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

折本
巻子本とともに古い和漢書の装丁法の一種.に長くつなぎ合わせた紙葉を,一定の大きさ(幅)に折り畳んで,その前後に厚目の紙または板の表紙を付けたもの.帖装本,法帖仕立,摺本ともいう.巻子本を折り畳めばでき,帖装のもとであるといえる.巻子本は巻物仕立てのため閲読するとき開閉に不便であるが,折本ではこの点が改良されている.必要なところをすぐ開けることができ,巻子本のように初めから開けていかなければならない不自由さや読み終わった後に巻き戻す不便さがない.現代でも経典類や集印帖などの装丁に一般的に用いられている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おり‐ほん をり‥【折本】
〘名〙
① 横に長く継いだ紙を折りたたみ、綴(と)じないで作った本。
※史記抄(1477)五「さては常徳慶雲と云寮に、一部折本の家点あり」
② 製本工程の一つ。印刷された紙をページ順になるように、一ページの大きさに折ったもの。おり。折帖。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

折本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

折本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation