@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抜け荷【ぬけに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

抜け荷
ぬけに
(でがい) ,抜け買,仲買ともいう。江戸時代密貿易。当時外国貿易にはきびしい制限が加えられ,長崎会所を通さないと許されなかったが,密貿易は絶えなかった。幕府禁令も効果がなく,幕末には諸藩でも抜けが行われるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぬけ‐に【抜け荷】
江戸時代、主として日本に来航したオランダ人・中国人とので行われた密貿易のこと。出買い。抜け買い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抜け荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抜け荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation