@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抜荷【ヌキニ】

デジタル大辞泉

ぬき‐に【抜(き)荷】
運送中または保管中の荷物一部をこっそり抜き取ること。また、その

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬけに【抜荷】
江戸時代の用語で,禁令を犯して取引すること,すなわち密貿易をいい,またその取り扱う品物をもいった。およそ次の二つの場合がある。(1)貿易禁制品の取引。外国貿易と国内貿易の場合がある。例えば武器は1634年(寛永11)輸出は禁止され,外国貿易での抜荷にあたる。俵物三品(いりこ,干しアワビ,ふかのひれ)は1785年(天明5)長崎会所以外の者が生産者から買うことは禁止されたので,それ以外の者と取引するのは国内貿易での抜荷である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

抜荷
ぬけに

江戸時代における密貿易。主として日本に渡来する外国人(オランダ、中国)との間で行われた密貿易であり、対馬(つしま)藩の者が朝鮮との間で行った密貿易は抜船(ぬけぶね)といった。抜荷は長崎貿易に対する幕府の統制が厳重になることと相応じておこったものである。1670年(寛文10)の抜荷禁令の初出のころには、唐・蘭(らん)船積荷入札参加商人の指定と商売高を限定するいわゆる市法により、貿易総高が抑えられ、さらに85年(貞享2)唐船の貿易総額銀6000貫以内、蘭船は5万両という定高貿易の開始により貿易が縮小されたため、貿易限度額を終えた時点で貿易未終了の唐船は積戻(つみもどし)船といって積荷の陸揚げを許されず帰帆せねばならぬということになり、とくにこの貞享(じょうきょう)令実施以降、抜荷が頻発するに至った。

 また薩摩(さつま)藩は幕府から琉球(りゅうきゅう)との貿易を公認されていたのを利用して、琉球国産物として唐物を輸入し、藩外売りさばきを禁止されていたにもかかわらず、長崎で売りさばき、あるいは俵物(ひょうもつ)(煎海鼠(いりこ)、乾鮑(ほしあわび)、鱶鰭(ふかのひれ))を新潟などで密買し、琉球船により中国へ送らせるなど一貫して抜荷を行っていた。抜荷の品としては、中国、オランダはともに貿易品として銅を強く求めていたことを反映して銅が多く、日本側は朝鮮人参(にんじん)、白糸、紗綾(さや)、綸子(りんず)、各種の薬などであった。幕府は一般の抜荷には死刑を含む厳刑をもって臨んだが、抜荷の相手である外国人には処罰を加えず、また薩摩藩のごとき大物を処罰しなかったため、幕末に至るまで抜荷を根絶することはできなかった。なお藩営専売下で、ひそかに特定商品を領外に持ち出すことも抜荷と称した。

[沼田 哲]

『板沢武雄「鎖国時代における密貿易の実態」(『法政大学文学部紀要』7-1所収)』『山脇悌二郎著『抜け荷』(1965・日経新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬき‐に【抜荷】
〘名〙
① 輸送中の荷物の中からこっそり抜き取ること。また、その抜き取った品。抜物。
※禁令考‐前集・第四・巻三三・正徳五年(1715)正月一一日「近年以来しきりにぬき荷商売出来り候者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬけ‐に【抜荷】
〘名〙
① 禁制を犯してひそかに取り扱う商品。特に、江戸時代、禁令を犯してひそかに行なう密貿易のことをいう。ぬきに。
※俳諧・千代見草(1692)「千木入らず抜荷を買ふは目分料」
② 転じて、店員などが夜ひそかに店を抜け出して遊里などに行くことやその人をしゃれていう語。
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「四つ過の四つ手ぬけ荷を待て居る」
③ 遊里で、きまった旦那のある芸妓が旦那の目を盗んで他の好きな男と密通すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

抜荷
ぬけに
江戸時代の密貿易
鎖国時代,長崎会所の手を経ない貿易は厳罰に処せられたがひそかに行われた。幕末,薩摩長州藩の武器購入も抜荷であった。また藩の専売制を破って商品を藩の領外に持ち出すことも抜荷といった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抜荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抜荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation