@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抜頭【ばとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

抜頭
ばとう
雅楽のなかの唐楽曲名林邑 (チャンパ) から伝来したとの説もある。があり,1人舞。舞人は朱色装束を着,鼻が高く髪の長い赤い面をつけ,太い (ばち) を持つ。による「古楽乱声 (らんじょう) 」を伴奏に登場の舞を舞い,「音取 (ねとり) 」のあと当曲の舞となり,当曲を続けるうちに退場する。唐の后妃で鬼になった姿を模した舞ともいわれる。早只拍子のリズムによる舞と夜多羅 (やたら) 拍子のリズムによる舞の2種があり,前者は左方,後者右方の舞に配されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばとう【抜頭/撥頭/髪頭】
雅楽。唐楽。太食(たいしき)調古楽の小曲。林邑(りんゆう)楽の一。舞は一人の走舞(はしりまい)で、同じ舞の手が続く、舞いにくいもの。番舞(つがいまい)は還城楽(げんじょうらく)。宗妃楽。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばとう【抜頭】
雅楽の舞楽・管絃の曲名。唐楽の太食(たいしき)調。一人舞(ただし,左方舞と右方舞の2種類ある)で走舞(はしりまい)(童舞(どうぶ)として舞われることもある)。撥頭,鉢頭,髪頭,馬頭とも書く。別名《宗妃楽》。番舞(つがいまい)は《還城楽(げんじようらく)》。赤黒色で鼻が高く,糸製の頭髪をもつ恐ろしい顔の面をつけ,《抜頭》用の別装束(赤色裲襠装束)で,右手に桴(ばち)を持ち,左手は握りこぶしの形で舞う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

抜頭
ばとう
雅楽の曲名。「撥頭」「髪頭」とも書く。唐楽に属すが、只(ただ)拍子の左方の舞と夜多羅(やたら)拍子の右方の舞がある。いずれも1人の走舞(はしりまい)。もとは乞食(こつじき)調であったが現在では太食(たいしき)調。林邑(りんゆう)八楽の一つで、インド神話『リグ・ベーダ』にある馬の化身アシュビ神に由来するといわれる。異様な感情の高まりを表し、一説には西方胡(こ)国の人が猛獣に父を殺され、憤怒して仇(あだ)を討つさまを模すという。鎌倉時代の雅楽書『教訓抄』には、唐のある皇后が嫉妬(しっと)に狂い座敷牢(ろう)から鬼となって踊り出たさまを表すとある。舞中何度も「髪掻(か)く手」という所作がある。長髪鉤(かぎ)鼻で眉(まゆ)をつり上げた赤い面をつけ、毛べりの裲襠(りょうとう)を着し、短い桴(ばち)を持つ。「林邑乱声(らんじょう)」「抜頭音取(ねとり)」「当曲」からなり、舞人は入綾(いりあや)で退場する。番舞(つがいまい)は『還城楽(げんじょうらく)』。[橋本曜子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抜頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抜頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation