@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抱卵【ホウラン】

デジタル大辞泉

ほう‐らん〔ハウ‐〕【抱卵】
[名](スル)親鳥が卵を抱えて温めること。「鶏が抱卵する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうらん【抱卵】
スル
親鳥が卵を温めること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

抱卵
ほうらん
鳥類がを孵化(ふか)させるために抱いて温めることをいう。一夫多妻の鳥や多くの一夫一妻の鳥ではおもに雌がこの仕事を分担するが、雄が途中で交代するものもある。一妻多夫のタマシギやレンカクでは雄だけが抱卵する。小鳥類の抱卵期間は10日から2週間、カモ類、ワシタカ類では30日前後であるが、ロイヤルアホウドリでは約80日も要する。托卵(たくらん)習性をもつ鳥(カッコウ類やミツオシエなど)や、地熱で卵を孵化させるツカツクリ類にはこの性質はない。[山岸 哲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐らん ハウ‥【抱卵】
〘名〙 鳥・魚などが、卵をかかえて温めること。
※風俗画報‐一六六号(1898)動植門「此鳥を乳母用となし抱卵(ハウラン)のみを托し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抱卵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抱卵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation