@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

抵抗線【テイコウセン】

デジタル大辞泉

ていこう‐せん〔テイカウ‐〕【抵抗線】
敵の攻撃を阻止するための防御線。
ニクロム線・タングステン線などの電気抵抗の大きい導線
株価為替相場などの推移を示すチャートで過去の上値を結んだ線。天井となり反落に転じると予想される。価格がこの線を超えて上昇することをブレークアウトという。上値抵抗線レジスタンスライン。→支持線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

FX用語集

抵抗線
市場参加者の多くが、これ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のこと。「レジスタンスライン」に同じ。

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていこうせん【抵抗線】
敵の攻撃を阻止するための防御線。
電気エネルギーを熱エネルギーに変え、また電流を小さくするために使用するニクロム線やタングステン線など固有抵抗の大きい導線。電熱器・抵抗器などに使用する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ていこう‐せん テイカウ‥【抵抗線】
〘名〙
① 敵の攻撃を阻止するために設けられた防御線。目的により戦略的抵抗線と戦術的抵抗線がある。
※作戦要務令(1939)一「前哨中隊は通常主要なる抵抗線を成形するものにして」
② ニクロム線のように、単位長さ当たりの電気抵抗が大きい金属線。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抵抗線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

抵抗線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation