@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

拍子舞【ヒョウシマイ】

デジタル大辞泉

ひょうし‐まい〔ヒヤウシまひ〕【拍子舞】
歌舞伎舞踊で、地の三味線楽曲の一部を、演者拍子に合わせ、または歌いながら舞うもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうしまい【拍子舞】
歌舞伎舞踊の一様式。地の音楽に三味線を用い,演者が拍子に合わせ,みずから唄いながら舞う小舞風の様式をいう。本来は三味線を使わず,鼓一挺の拍子に合わせて唄い舞ったものである。初期歌舞伎における拍子舞は,《舞曲扇林》に〈拍子舞の始りは右にいふ竹嶋幸左衛門親日本伝介也。それより小舞太郎兵衛,松本市郎兵衛,小舞庄左衛門也〉とあるように,女歌舞伎時代に猿若名人と称された日本伝助始祖に擬している。この伝承を見ても,拍子舞が,狂言師によってもたらされた〈小舞〉と深い関係を持ちながらも,それとは別の芸態のものであったことが知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうしまい【拍子舞】
歌舞伎舞踊で、その一部を演者が三味線の拍子に合わせて歌いながら舞う小舞こまい形式のもの。 → 小舞

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうし‐まい ヒャウシまひ【拍子舞】
〘名〙 歌舞伎舞踊の一種で、地の三味線に乗り、演者がみずから歌いながら拍子をとって踊る小舞式のもの。
※評判記・野郎立役舞台大鏡(1687)竹嶋幸左衛門「拍子(ひゃうし)ききにて拍子舞(マイ)上手也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拍子舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拍子舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation