@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

拍手【ハクシュ】

デジタル大辞泉

はく‐しゅ【拍手】
[名](スル)手を打ち合わせて音を出すこと。神を拝んだり賞賛・賛成などの気持ちを表して、手をたたくこと。「拍手して賛意を表す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくしゅ【拍手】
一般に両手を打ち鳴らす手は,歓迎,共感・賛・賞賛,誓約歓喜感激・感謝などの感情を表現する身体的動作で,手拍子(てびようし)も拍手の一種である。古代中国の《周礼》九拝の第四には〈振動〉といって両手を打つがあった。密教儀礼の壇上作法の一つである拍掌(びやくしよう)は,魔を除いて諸仏を歓喜せしめる意で,3度両手を打つ。最初の2度は軽く手を合わせるだけで,最後は音をだして打つ。3度打つのは修行のさまたげになる惑(わく)・業(ごう)・(く)の三障(さんしよう)を取り除くことを意味する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はくしゅ【拍手】
スル
両手を打ち合わせて、音をたてること。手を打ち合わせて、賞賛や賛成の気持ちを表すこと。 -を送る -して迎える

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

拍手
はくしゅ
両手のひらを打ち合わせて音を出す行為。賛成や賞賛の意志表示の一種であるが、一般的には神拝に伴う場合をさす。神拝作法としての拍手は二拍とか四拍というように、対象や宗派によって独自に展開される。古くは朝儀や賜り物などの際にも行われた。今日でも食事時に行う人は少なくない。中世から柏手(かしわで)ともいうようになったが、語源については、宮中や寺院の食膳(しょくぜん)調理をつかさどった膳夫(かしわで)との混合とか、柏の葉を食器として使用したところからなどと諸説ある。昔話を語るときに一拍してから始めたと、語りの場の古態を伝える土地もある。[佐々木勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はく‐しゅ【拍手】
〘名〙 両手のてのひらを打ち合わせて音を出すこと。神を拝んだり、賛成や賞賛の気持を表わすために手をたたくこと。拍掌。〔古今神学類編(1698)四九(古事類苑・神祇三七)〕
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一一「教場へ出ると生徒は拍手を以て迎へた」 〔晉書‐索紞伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拍手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拍手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation