@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

拍案驚奇【はくあんきょうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

拍案驚奇
はくあんきょうき
Pai-an-jing-qi
中国,明末の口語短編小説集。凌濛初 (りょうもうしょ) の編著。 40巻。崇禎1 (1628) 年成立。宋代の盛り場で流行した講釈の種本である話本 (わほん) の形式をふんで創作されたいわゆる「擬話本」の短編小説 40編を収めたもの。書名は「案 (つくえ) を拍 (たた) いてに驚く」の意。同じく凌濛初の編著に成る『二刻拍案驚奇』 (32) とともに「二拍」,また同時代の馮夢龍 (ふうむりょう) の『喩世明言』『警世通言』『醒世恒言』 (総称「三言」) とともに「三言二拍」と並称されることが多い。「三言」が馮夢龍の蔵書を主としたのに対し,本書は凌濛初の創作が多いと考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拍案驚奇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拍案驚奇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation