@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

拗音【ようおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

拗音
ようおん
直音の対。日本語において,子音半母音 (jまたはw。半子音ともいう) +母音の構造をもつ音節をいう。表記は,ヤ行,ワ行の仮名を小さく添えて書く。「キャ」 (/kja/) ,「シュ」 (/sju/) ,「チョ」 (/cjo/) のうにヤ行を添えるものを「開拗音」ないし「ヤ行音」,「クヮ」 (/kwa/) ,「グヮ」 (/gwa/) のようにワ行を添えるものを「合拗音」ないし「ワ行拗音」という。合拗音は方言にのみ存在し,現代共通語にはない。「キョー」 (/kjoo/) などは「拗長音 (ようちょうおん) 」という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐おん〔エウ‐〕【×拗音】
日本語の音節のうち、1音節仮名2文字で表されるもの。ヤ行拗音とワ行拗音がある。ヤ行拗音は、現代仮名遣いでは、「き」「」「し」「じ」「ち」「に」「ひ」「び」「ぴ」「み」「り」の11に、それぞれ小さく「」「」「よ」を加えて書き表す音節「きゃ」「きゅ」「きょ」「ひゃ」「びゃ」「ぴゃ」など。ワ行拗音は、「く」「ぐ」にそれぞれ「わ(ゐ・ゑ)」を付けて書き表す音節であるが、現在では「くゎ」「ぐゎ」が方言に認められるだけである。⇔直音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようおん【拗音】
音韻の一種で直音に対する。今日,古代日本語の発音の実際に直接ふれることはもとよりできないが,直拗の対立に対応する音声上の区別にはさして歴史的な変化はなく,古代から今日に至っているものとおもわれる。直音は口蓋(こうがい)化をともなわない子音によって形成された音節で,かなでは〈か〉〈く〉〈こ〉のように1個の文字であらわされる。拗音には次の2種類がある。(1)子音の口蓋化をともなった音節,または子音+口蓋音[j]をもって始まる音節。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

拗音
ようおん

キャ、キュ、キョ、シャ、シュ、ショのように小さなャ、ュ、ョを綴(つづ)りにもつ音節。本来、日本語にはなく、初めは漢語にのみ用いられた。「拗音」とは、ねじ曲がった音の意で、これに対しカ、ク、コ、サ、ス、ソなどは直音(ちょくおん)とよぶ。古くはクヮ、グヮがあり、これらも拗音の一種(合拗音)とされる(これに対しキャ、キュ、キョの類は開拗音とよぶ)。合拗音はのちに「火事(クヮジ)→カジ」のごとくすべて直音化した。開拗音も「朱雀(シュジャク)→スザク」のごとく直音化する場合があった。

[安田尚道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐おん エウ‥【拗音】
〘名〙
① 中世悉曇(しったん)学の用語で、カ・サ・タ・ナ・ハ・マ・ヤ・ラ・ワなどの音のこと。
※悉曇輪略図抄(1287)三「夫先直音者、摩多挙初、体文者挙後。次拗音者、摩多挙後、体文挙初」
② いっさいの字に直音と拗音があるという抽象的な言語理論に立って、仮名二字で表わされる音。
※悉曇初心抄(1320頃)拗音直音事「問云、拗音直音者如何。答、拗音者延(のへたる)音、直音者一字促(つつめたる)音也。仮令、キャト者拗音、カト者直音なり」
③ 日本語の音節のうち、一母音、また単純に一子音と一母音からなる直音に対して、子音のあとに半母音 j または w を伴うもの。j を伴う場合、子音も口蓋化する。これらは、ア・ヤ・ワ行以外の各行清濁にあって、ヤ行拗音(開拗音)といい、現代かなづかいでは、イ段のかなに小文字の「や」「ゆ」「よ」を添えて書く。「きゃ」「ちゅ」「しょ」など。w を伴うのは、子音が k, ɡ (ŋ) の場合に限られ、ワ行拗音(合拗音)という。現代では kwa, ɡwa が方言に認められるだけである。なお、「ちゅう」「しょう」など母音を延長したものを拗長音とよぶ。〔読方入門(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拗音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拗音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation