@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

拘置【こうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

拘置
こうち
広義には人を監獄などに拘禁することをいうが (刑法 11~13,16) ,監獄のうち勾留に付せられた被疑者被告人および死刑の言い渡しを受けたを拘禁する施設を拘置監と呼ぶところから (監獄法1条1項) ,狭義にはこれらの者の拘禁をさすことが多い。特に,「勾留」は刑罰一種である「拘留」とまぎらわしいため,新聞用語などでは,これを「拘置」と呼ぶことにより,後者区別されるのが通例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐ち【拘置】
[名](スル)
人を捕らえて一定の場所に留め置くこと。
刑の言渡しを受けた者を刑事施設に収容し身柄拘禁すること。
被疑者被告人事施設に拘禁する「勾留」の俗称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうち【拘置】
刑法は,監獄や拘留場に〈拘置〉することを自由刑の内容としており,死刑囚執行まで監獄に〈拘置〉されるとして,罰金・科料の不払いによる労役場留置と区別している(11,18条など)。しかし,監獄法では,いずれの施設もそれぞれの者を〈拘禁〉する所とされ,区別はない。刑法の〈拘置〉は,この〈拘禁〉と同じ意味だとされている。憲法の人権保障規定では,拘禁は継続的な身柄の拘束として,一時的な自由拘束たる抑留と並べられている(34条など)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

拘置
こうち

刑の言渡しを受けた者を刑事施設に拘禁すること。すなわち、死刑の言渡しを受けた者はその執行に至るまで刑事施設に拘置し、懲役は刑事施設に拘置して所定の作業を行わせ、禁錮および拘留は刑事施設に拘置する(刑法11条~14条、16条)。拘置の語は、また、刑事被告人や被疑者の拘禁を意味する勾留(こうりゅう)の俗称として使われることもある。刑事施設の一種である拘置所は、被勾留者および死刑確定者の収容を主として取り扱う施設であり、東京、立川、大阪、名古屋、京都、神戸、広島、福岡の8拘置所がある。

[田口守一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐ち【拘置】
〘名〙
① とらえておくこと。身体を拘束して一定の場所にとめおくこと。拘禁。
※政基公旅引付‐永正元年(1504)七月四日「為其方地下に相拘置せられ候由、風聞候者、必定不可然儀可出来候之条」
② 被疑者または刑の言い渡しを受けた者を監獄または拘置所に拘禁すること。勾留。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拘置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拘置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation