@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

招集【ショウシュウ】

デジタル大辞泉

しょう‐しゅう〔セウシフ〕【招集】
[名](スル)
人を招き集めること。「関係者を招集して会議を開く」「招集をかける」
地方公共団体議会社団法人社員総会株式会社株主総会取締役会などで、合議体を成立させるため、その構成員に集合を求めること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

招集
しょうしゅう

合議体の会議を行うため、一定の期日に一定の場所にその成員を集めることを命ずる行為を法令上、招集という。地方議会の招集がその代表的な例である。地方議会の場合は、つねに地方公共団体の長が招集するが、議員定数の4分の1以上の者から臨時会の招集の請求があれば、長はこれを招集しなければならない(地方自治法101条)。招集はこのほか、皇室会議(皇室典範33条)、協同組合の総会(農業協同組合法34条、中小企業等協同組合法46条)、社団法人の総会(民法61条・62条)、株式会社の株主総会・取締役会(商法231条・259条)、債権者集会などについても行われる。招集に関する規定に反してなされた合議体の意思決定は、その効力が問題とされる。

 なお、予備自衛官を防衛出動や訓練のために呼び集める行為も招集とよぶ(自衛隊法70条・71条)。また、国会については召集の語が用いられる。

[池田政章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐しゅう セウシフ【招集・招聚シュウ
〘名〙
① 人をまねき集めること。
※霊異記(810‐824)中「心に国を傾けることを繋(か)け、逆党を招集し」 〔後漢書‐隗囂伝〕
② 法律で、株主総会や社員総会などの会議体を成立させるために、その構成員に集合を求める手続き。
※民法(明治二九年)(1896)六一条「社団法人の理事は〈略〉臨時総会を招集することを得」
③ 地方自治体で、議会開催のため、首長が議員に集合を求める行為。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まねき‐あつ・める【招集】
〘他マ下一〙 まねきあつ・む 〘他マ下二〙 呼び寄せて集める。招集する。まねきつどう。
※今昔(1120頃か)一〇「諸の悪く武き人を多く招き集めて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

招集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

招集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation