@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

拡張現実【カクチョウゲンジツ】

デジタル大辞泉

かくちょう‐げんじつ〔クワクチヤウ‐〕【拡張現実】
augmented reality》実世界から得られる知覚情報に、コンピューターで情報を補足したり、センサーによる情報を加えて強調したりする技術の総称。専用のゴーグルや機器などを通して見た現実の風景に、電子情報を重ね合わせて表示するもの。スマートホンのカメラ機能を用いたAR動画などに応用されている。拡張現実感。強調現実。オーグメンテッドリアリティーAR。現実世界と仮想世界(バーチャルリアリティー)を合わせることから、複合現実(ミクストリアリティー)ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

拡張現実
かくちょうげんじつ

現実の世界を映した光景や映像に、デジタル情報を重ねて、現実の知覚体験をわかりやすく補足、拡張する技術。英語のAugmented Reality(拡張された現実)の頭文字をとってAR、または「オーグメンテッドリアリティ」ともよばれ、たとえば、携帯端末を商品にかざすとその商品の使い方が表示されたり、専用メガネで対象物を見るとその説明などが映し出されたりする。オリンピックなどの競泳競技のテレビ映像で、実際に泳ぐ選手の前に世界記録の仮想ラインを重ねて表示するのもその一例。

 現実に存在しない架空の世界を電子情報でつくり、そこに現実感をもたせたバーチャルリアリティ(VR、人工現実)と、対をなす概念である。全地球測位システム(GPS)と画像認識を組み合わせる技術そのものは1990年代から開発されていたが、カメラ内蔵型携帯電話の普及で実用化が進んだ。スマートフォン(多機能携帯電話)のカメラで撮影したものに、関連した情報を重ね合わせて表示するアプリケーションソフトが無償提供されたことなどで、普及した。観光地や美術館・博物館などの案内、機械操作の説明、スポーツ中継、大規模建造物の完成イメージの紹介のほか、手術での患部の拡大映像表示といった医療や赤外線暗視スコープといった軍事など幅広い分野での応用が進んでいる。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

拡張現実
AR」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

IT用語がわかる辞典

かくちょうげんじつ【拡張現実】
AR

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拡張現実」の用語解説はコトバンクが提供しています。

拡張現実の関連情報

関連キーワード

MR複合現実感BodySharing技術LTEARARARARグラスAR眼鏡AR

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation