@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

持統天皇【じとうてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

持統天皇
じとうてんのう
[生]大化1(645)
[没]大宝2(702).12.22. 大和
第 41代の天皇,女帝 (在位 690~697) 。名は高天原広野姫尊 (たかまのはらひろぬひめのみこと) ,幼名はう野讃良 (うののさらら) 。天智天皇の第2皇女,母は蘇我遠智娘 (おちのいらつめ) 。斉明3 (657) 年大海人皇子 (→天武天皇 ) のとなり,皇子に従って吉野に入り,壬申の乱にあたっても皇子と行動をともにした。天武2 (673) 年2月大海人皇子の即位とともに皇后となった。皇居飛鳥浄御原宮という。朱鳥1 (686) 年天武天皇崩御後朝をとった。持統3 (689) 年4月皇太子草壁皇子が死亡したため,同4年正月即位し,長庶子高市 (たけち) 皇子を太政大臣とした。同8年 12月藤原宮に遷御し,同 10年に高市皇子が死亡すると,翌年2月草壁皇子の子軽皇子を皇太子として,同8月位を譲り,太上天皇と称した。これは太上天皇号の初めである。『日本書紀』によると,沈着で度量が大きくにかない,母親としての徳もあり,仏教に対しても熱心で歌をよくした,とある。陵墓は奈良県高市郡明日香村の檜隈大内陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

持統天皇
645~702年。中大兄皇子(天智天皇)の娘に生まれ、天武天皇の皇后として、そしてその死後は690~697年、自ら皇位に就いて律令制整備藤原京の建設を進めた女帝。幼名は鵜野讃良皇女〈うののさららのひめみこ〉。 <天上> 1983年に講談社の少女漫画雑誌「mimi DX」で連載が始まった。掲載誌の休刊後は書き下ろしとして同社から単行本刊行。今年3月、持統の東国への視察旅行とその死を描いた23巻で完結した。累計出版部数は、新書判の単行本と文庫本(既刊10巻)合わせて460万部以上。
(2015-04-16 朝日新聞 朝刊 文化文芸)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

じとう‐てんのう〔ヂトウテンワウ〕【持統天皇】
[645~703]第41代の天皇。在位686~697。天智天皇の第2皇女。名は鸕野讃良(うののさらら)。天武天皇の皇后となり、天皇の死後政務を執った。皇太子草壁皇子の死後、飛鳥浄御原宮(あすかのきよみはらのみや)で即位。のち、藤原京遷都文武天皇譲位後、太上天皇として政務を補佐した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

持統天皇 じとうてんのう
645-703* 飛鳥(あすか)時代,第41代天皇。在位690-697。
大化(たいか)元年生まれ。天智(てんじ)天皇の第2皇女。母は蘇我遠智娘(そがの-おちのいらつめ)。天武天皇の皇后。天武の死後,即位せずに政務をとり(称制),4年後に即位。夫の遺業をついで,飛鳥浄御原令(きよみはらりょう)の実施徹底をはかり,藤原京を造営してあたらしい都とした。大宝(たいほう)2年12月22日死去。58歳。墓所は檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ)(奈良県明日香村),天武天皇と合葬。諱(いみな)は鸕野讃良(うののさらら)。別名は高天原広野姫天皇(たかまのはらひろのひめのすめらみこと),大倭根子天之広野日女尊(おおやまとねこあめのひろのひめのみこと),倭根子天皇。
【格言など】春過ぎて夏来にけらし白妙(しろたへ)の衣干すてふ天(あま)の香具山(かぐやま)(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

じとうてんのう【持統天皇】
645‐702(大化1‐大宝2)
第41代にかぞえられる天皇。称制686‐689年,在位690‐697年。鸕(菟)野讃良(沙羅々)(うののさらら)皇女。諡(おくりな)は高天原広野姫(たかまのはらひろのひめ)または大倭根子天之広野日女(やまとねこあまのひろのひめ)という。天智天皇の皇女,母は蘇我石川麻呂の女遠智娘。大化改新の開始の年に生まれ,657年(斉明3)13歳で父の弟大海人(おおあま)皇子と結婚する。国内では父の中大兄皇子(のち天智天皇)を中心に律令体制の成立が急がれていたが,国外では強大な勢力圧迫により,朝鮮半島情勢が緊迫していた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

持統天皇
じとうてんのう
(645―702)

白鳳(はくほう)時代の天皇。第41代に数えられる(称制686~689、在位690~697)。鸕野讃良(うののさらら)皇女といい、諡(おくりな)は高天原広野姫(たかまのはらひろのひめ)または大倭根子天之広野日女(やまとねこあまのひろのひめ)という。父は天智(てんじ)天皇、母は蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだいしかわまろ)の女(むすめ)遠智娘(おちのいらつめ)。父の弟大海人(おおあま)皇子の妃となる。大海人は天智天皇の皇太子の地位についたが、天智の晩年に意思の疎通を欠き、671年(天智天皇10)朝廷を去って吉野山に入り、持統もこれに従った。天智の没後、持統の異母弟の大友皇子が天智の後を継いだが、大海人は672年壬申(じんしん)の乱を起こし、大友(弘文(こうぶん)天皇)を倒して皇位につき、天武(てんむ)天皇となり、飛鳥浄御原(あすかきよみはら)に都を定め持統を皇后とした。持統は天武の政治を補佐し、686年の天武の死後は皇太子草壁(くさかべ)皇子を助け、689年(持統天皇3)に草壁が没したのち、飛鳥浄御原令(りょう)を施行、ついで690年正式に即位し、諸制度を整備して、律令国家の確立に努め、藤原京を建設して694年に遷都した。697年に皇位を孫の文武(もんむ)天皇に譲るが、太上(だいじょう)天皇として文武の政治を助け、大宝律令の成った701年(大宝1)の翌年に没し、天武の檜隈大内(ひのくまのおおうち)陵(奈良県明日香(あすか)村に治定)に合葬された。『万葉集』に歌6首がある。

[直木孝次郎]

『直木孝次郎著『持統天皇』(1960・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じとう‐てんのう ヂトウテンワウ【持統天皇】
第四一代の天皇。天智天皇の第二皇女、天武天皇の皇后。名は鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ)。天武天皇の死後政務を執り、皇太子草壁皇子の病死によって飛鳥浄御原宮(あすかのきよみはらのみや)で即位。六九四年藤原京に遷都。六九七年文武天皇に譲位して太上天皇となった。「万葉集」に歌を残している。大化元~大宝二年(六四五‐七〇二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

持統天皇
(通称)
じとうてんのう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
持統天皇歌軍法
初演
正徳5.夏(大坂・篠塚座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

持統天皇
じとうてんのう
645〜702
7世紀後半の女帝(在位686〜697)
天智天皇の皇女で,天武天皇の皇后。天武天皇死後,即位しないで執政,皇太子草壁 (くさかべ) 皇子がするとみずから即位。在位中,飛鳥浄御原 (あすかきよみはら) 令の施行(689),庚寅年籍の作成(690),藤原京遷都(694)など,律令国家体制の整備につとめた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

持統天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

持統天皇の関連情報

関連キーワード

大化皇極天皇乙巳の変孝徳天皇大化改新皇極天皇葛城稚犬養網田孝徳天皇蘇我入鹿

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation