@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

指(し)値【サシネ】

デジタル大辞泉

さし‐ね【指(し)値】
顧客が株式商品売買を委託する際、希望の値段を指定すること。また、その値段。指定値段

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

指値
株などの売買注文方法のひとつで、希望値段を指定するのものです。しかし、指定した価格株価が到達しない場合には、その取引(注文)が成立しません。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

FX用語集

指値
売買注文を出すときに、あらかじめ指定したレートで売買を行なうことをいいます。指値買いでは現在のレートよりも安い値段を、指値売りでは現在のレートよりも高い値段を指定します。一方、現在のレートよりも高くなったら買う、現在のレートよりも安くなったら売るという場合は、逆指値を使います。

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さしね【指値】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

指値
さしね
商品や式の売買を委託する際に、販売価格または買入れ価格を指定して注文することを指値注文、その指定した価格を指値という。一般に販売委託の場合は最低の販売価格を、買入れ委託の場合は最高の価格を意味し、問屋(といや)(証券業者、商品仲立員など)が指値以下で売り、あるいは指値以上で買い入れた場合には、委託者はそれを認める必要はない。ただし、問屋が指値との差額を負担するときは、その販売または買入れは委託者に対して効力を生ずる(商法554条)。
 なお、指値より相場が高いときには買い付け、安くなったら売ることを指示する注文方法を逆指値といい、証券取引においては禁止されていたが、2000年(平成12)より事実上解禁されている。また、指値注文は相場の動きの激しいときには成行(なりゆき)注文が優先されるので、不利な売買になることがあり、その欠点を補うものとして、「指値の上下に幅をもたせた計らい注文」という方法があった。しかし、このような注文方法は金融商品取引法においての違法行為であり、現在は認められていない。[桶田 篤・前田拓生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さし‐ね【指値】
〘名〙 株式や商品の売買注文をだすときに、客が売値または買値を指定する希望の値段。また、一般に客の方で指定する値段。指定値段。〔英和商業新辞彙(1904)〕
※舗道雑記帖(1933)〈高田保〉人釣り道楽業「三十銭、といふやうな箆棒な指値をしたりするのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指(し)値」の用語解説はコトバンクが提供しています。

指(し)値の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation