@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

指定史跡【していしせき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

指定史跡
していしせき

文化財保護法または文化財保護条例によって、歴史上、学術上価値の高いものとして指定された遺跡。このうちとくに価値の高いものは、国の特別史跡に指定される。国が指定した史跡は1823件(うち特別史跡62件)である(2019年9月1日時点)。

[田村晃一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

してい‐しせき【指定史跡】
〘名〙 貝塚、古墳、都城跡などの遺跡で、歴史上または学術的価値の高いものの保存を図るため、文化財保護法または文化財保護条例に基づき指定されたもの。これにより現状の改変などが制限され、保存に必要な管理、保存の措置が講じられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指定史跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

指定史跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation