@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

按司【あじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

按司
あじ
あんじ」ともいう。琉球の古代共同体の首長呼称村落共同体の首長から数ヵ村落を支配する地域的豪族となり,グシク () を構えて対立,抗争を繰返しながら,そのあるものは「アジのなかのアジ () 」へと成長した。のち,統一政権としての琉球王国が確立すると,王府所在地の首里に集居させられ,家格の呼となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あ‐じ【×按司】
明治維新前、琉球(りゅうきゅう)位階の一。古くからの系譜をもつ地域の支配者で、のちに国王の任命する位階名となった。あんじ。あんず。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐じ【×按司】
あじ(按司)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あんじ【按司】
〈あじ〉とも読む。沖縄の歴史では古く豪族,首長を意味するが,琉球王国確立後は最高位の位階となった。12世紀ころから15世紀までの按司は一定の領域に君臨する首長で,チャラ,ティダ(太陽)の別称でも呼ばれた。16世紀初期,尚真王のときに各地に割拠していた按司は王都首里に集居させられ,以後,社会的身分の最高位をあらわす位階としておもに王族から任命され,間切(まぎり)と称される行政区域の領有を保障された。近世になってもその性格は基本的に変わらなかったが,按司地頭とも称され総地頭とともに両総地頭の名で呼ばれる琉球王国の中枢的存在であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あじ【按司】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あん‐じ【按司】
〘名〙 (「あるじ(主)」の変化した語) 明治以前の琉球の官名の一つ。間切(まぎり)ごとに割拠した豪族の称。各地の豪族を首里城下に居住させるようになってからは王子に次ぐ家格となった。寨官(さいかん)。あじ。あんず。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐ず【按司】
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「抑琉球は〈略〉その都を首里といふ。この余の郡県(あがた)を間切(まぎり)と唱(となへ)、その地の領主を按司(アンズ)といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

按司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

按司の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation