@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

按察使【あぜち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

按察使
あぜち
(1) 令外官の一つで地方行政の監督養老3 (719) 年,初めて諸国におかれ,1人で2~3ヵ国を担当し,管内国司の行政を監督し,民情を巡した。具体的には国の不正摘発や,優良国司の中央への報告など,律令制下の地方政治取締りにあたった。諸国の按察使廃止後も陸奥出羽按察使だけは明治維新まで続いたが,遙任の風が行われ,中央における名族,高官の者が兼任するようになって有名無実となった。

(2) 明治2 (1869) 年,維新政府の官制改革に際し,地方行政監督官として設置されたが,翌年9月に廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

按察使
あんさつし
an-cha-shi; an-ch`a-shih
中国の官名。げっ司とも呼ばれる。代に初めて各道に地方巡察の官としておかれ,十道察使といったが,のちこれを観察使と改めて節度使が兼し,強大な権力をふるった。宋代では各路の転運使がこれを兼官したが,遼代に按察諸道刑獄使として地方の司法監察の専官となり,金代には提刑使のち按察使,元代では提刑按察使のち肅政廉訪使として受継がれた。明代で布政使都指揮使と並び,各省の行政,軍事,司法のそれぞれを分担する一地方長官であったが,総督巡撫がおかれるとその下位に立ち,清代に及んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あぜち【×使】
令外(りょうげ)の官の一。奈良時代、国司施政や諸国の民情などを巡回視察した官。平安時代には陸奥(むつ)出羽だけを任地とし、大納言中納言名目上の兼職となった。あんさつし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あんさつ‐し【×按察使】
あぜち(按察使)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あぜち【按察使】
日本古代の地方行政監察機関。719年(養老3)に設置された。伊勢,遠江常陸美濃武蔵越前丹波出雲播磨伊予備後の各国守が按察使を兼任し,属官として(のちに記事と改称)を配して,それぞれの国の近隣数ヵ国を管轄下に置き,国内を巡行して監察を行った。その後まもなく陸奥にも置かれ,畿内西海道を除く全国に設置されたが,のちに一部管轄の変更が行われたこともあった。721年(養老5)には按察使の官位を正五位上相当と定めたが,大国の国守が従五位上相当であることと比べて,かなり高く位置づけられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あんさつし【按察使 Àn chá shì】
中国,唐から清までの上級地方官名。唐は全国を10道に分けたが,最初は特定の官を置かず,巡察使,存撫使などの名で,地方の水旱,刑獄,勤務状況などを査察させた。711年(景雲2)それが10道按察使として固定し,改廃もあったが,玄宗時代まで継承され,秋冬に受持州県を巡察した。これが日本にも導入され按察使(あぜち)となる。755年(天宝14)の安史の乱以後は各地の節度使が按察の任も兼ね,次の宋代になると,路の長官監司が按察の任務を分担した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

あぜち【按察使】
〘名〙
① 奈良時代、養老三年(七一九)創設された地方行政監督機関。令外(りょうげ)の官。畿内・西海道を除く諸国を隣接する二~四か国でまとめ、そのうちの一国の守をこれに任命した。重要視された官であったが、やがて陸奥・出羽両国以外には置かれなくなり、平安時代になって全く形骸化し、中納言以上の兼官として名目だけが残った。あんさつし。あんぜつし。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「宰相には右大弁すゑふさ、右大将、あぜちかけ給」
② 宮中、院に仕える女官の呼び名。上臈(じょうろう)の女官のうち、やや下位の者につける。
※女房の官しなの事(1382)「大納言局。中納言局。左衛門督。帥。按察使。ゑもんのかみ。これらは上らふの付名也。此うちにもあぜちなどはいささか心ありてさがりたるなり」
[語誌]アゼチの読みは、「按察」の呉音読みアンセチが連濁してアンゼチとなり、かつ平安中期以前にはn撥音の仮名が未発達で零表記されたアゼチが定着したもの。「按察使」と書いてもアゼチと「使」を不読にしていたことは平安朝公家日記、例えば「後二条師通記」では「按察」「按察使」の両形が恣意的に混用されていることによって知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あんさつ‐し【按察使】
〘名〙
① (「あんざつし」とも) =あぜち(按察使)
※続日本紀‐養老三年(719)七月庚子「始置按察使
② 明治二年(一八六九)東北地方の動揺を鎮め、民情視察のために置かれた職。のちに越後にも置かれたが、翌年廃止。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

按察使
あんさつし
唐代に各地方行政区画(道)へ派遣された官
地方行政の監察や民情視察を行って上奏する役目をもったが,宋の中期以後はもっぱら刑獄に関することに限定された。按察使は明・清代まで置かれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

按察使
あぜち
①719年に置かれた地方行政監察官
②明治政府の地方行政監督官
国司に兼任させ,近隣数カ国の国郡司を監察させた。陸奥・出羽以外は平安時代に廃止され,納言・参議らの兼任となった。
1869(明治2)年に設置されたが,奥羽方面に置かれただけで,実際活動もほとんどなく,翌年廃止。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

按察使」の用語解説はコトバンクが提供しています。

按察使の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation