@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

振出し【ふりだし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

振出し
ふりだし
issue; drawing
手形および小切手を発行する行為手形行為一種で,観念上,他の手形行為の基礎となることから,基本的手形行為という。振出しは,手形要件を具備して振出人が署名することによってなされる。手形振出しによって生じる効果は,為替手形約束手形とでは異なる。為替手形の振出しは,振出人が支払人にあてて支払いを委託する行為であり,手形を振出すことによって,主たる義務者になるわけではないが,支払いおよび引受けを担保する遡求義務を負担する (手形法9) 。これに対して,約束手形の振出しは,満期において手形金額の支払いを約束する行為であり,振出人は,主たる義務者として手形金額の支払いをなす義務を負う (手形法 78) 。なお,小切手の振出しは,為替手形の振出しと同様に,支払委託を目的とする行為であり,振出人は振出しによって法律上当然に支払いを担保する責任を負う (小切手法 12) 。小切手はその呈示のときに振出人が処分しうる資金のある銀行にあてて,かつ振出人をして資金を小切手により処分することを得しめる明示または黙示の契約に従って振出すべきものとし (3条) ,振出しの制限が定められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふりだし【振出し】
手形(または小切手。以下同様)を発行する行為。手形行為の一種で,基本的手形行為という。証券を作成して,受取人に交付することからなる。振り出された証券を基本手形といい,これに必ず記載しなければならない事項(手形法1,75条,小切手法1条)を手形要件という。手形要件を一つでも欠けば,法によって救済される場合のほかは,手形として効力を生ぜず,振出しはもちろん,証券上になされた他の手形行為もすべて無効となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

振出し
ふりだし
約束手形、為替(かわせ)手形、小切手を発行する行為を振出しという。会社法・商法上の他の有価証券については、株券が「発行」というほか(会社法215条)、貨物引換証(商法571条)、預(あずかり)証券・質入証券(商法598条)や船荷証券(商法767条)については「交付」という。手形や小切手は、この振出しによって、記載された金額を請求することができる証券となる。この手形や小切手を振り出す行為は、証券(手形用紙、小切手用紙)に必要事項を記入し、署名することと、その手形や小切手を相手方(受取人という)に交付することから成り立っている。しかし、この必要事項の記載があらかじめなされずに振り出される場合もある(白地(しらじ)手形という)。また、相手方に交付されないうちに、手形や小切手が流通に回って、善意者(交付されないで流通に回ったことを知らない人)が取得すると、やはり手形や小切手による請求が認められることになる場合もある。[永井和之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

振出し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

振出しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation