@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

振売【ふりうり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

振売
ふりうり
棒手振 (ぼてふり) ともいう。店を構えず,町々を商品の名を大声で呼びながら売歩いた行商人。平安時代からあったが,鎌倉,室町時代には,近郊農村から来て商売する者や,社寺の祭礼などの日に門前,境内で商売する者を振売といった。江戸時代には各業種にわたり広く存在した。 (→連雀 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふりうり【振売】
店舗を構えたり一定の場所で商売するのでなく,呼売して行商すること,またはその商人をいう。連著,連雀(れんじやく)などともいう。また振売は,特権的営業権を認められた商人の座売に対する自由かってな商い,すなわち脇売を指すこともあり,立売とも呼ばれ,禁じられる場合もあった。江戸時代には振売は商品を持ち歩いて売ることをいい,せり売とも触売(ふれうり)ともいった。棒手振(ぼてふり)も同義語である。1648年(慶安1)幕府振売札を下付して札所有者にのみ振売を許し,さらに1659年(万治2)振売赦免の業種を定めて振売札を下した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふり‐うり【振売】
〘名〙 物を手に提げたり、担ったりして、その物の名をふれながら売り歩くこと。また、その人。中世から近世にかけて多く行なわれた。触売(ふれうり)
※大乗院寺社雑事記‐寛正六年(1465)六月一六日「為材木屋振売事は一向無其例事也」
※浄瑠璃・心中宵庚申(1722)道行「町中をふりうりし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

振売
ふりうり
平安〜江戸時代の呼び売り行商
店舗を持つ棚売・座と異なり日帰りか1泊ぐらいの範囲で町々を売り歩いた。平安末期から盛んとなり,中世には座の特権を侵すとして圧迫されたが,戦国大名から保護され,江戸時代には免札が与えられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

振売」の用語解説はコトバンクが提供しています。

振売の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation