@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

振鉾【えんぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

振鉾
えんぶ
雅楽の舞楽を演奏する際,その番組の最初に台を清めるために行う作法。正式には3部分から成り,第1の部分では新楽乱声 (らんじょう) という曲を伴奏に左方の舞人1人が (ほこ) を振り,第2の部分では高麗 (こま) 乱声を伴奏に右方の舞人が鉾を振る。第3の部分では,左方と右方の舞人が同時に鉾を振り,伴奏音楽としては新楽乱声と高麗乱声が同時に奏される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん‐ぶ【振鉾/厭舞】
《厭(まじない)の舞の意》雅楽曲名。舞楽の始めに邪気を払い悪魔を抑え鎮めるために、左右各一人の舞人が鉾(ほこ)を持って舞う曲。えぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんぶ【振鉾】
雅楽,舞楽の曲名。舞楽を行うとき最初に舞われるもの。振舞,延舞,厭舞とも書く。左方舞人1人と右方舞人1人によって舞われる。まず,左方舞人が舞台に出て鉾を3度振って退場(一節),次に右方舞人が同じことをくり返し(二節),最後に左右舞人2人が同時に舞台に登り,3度鉾を振って退場する(三節)。左方右方とも襲(かさね)装束(常装束とも)に鳥甲(とりかぶと)をかぶり片肩袒(かたかたぬぎ)で,鉾を持つ。の武王が殷を討つために商郊の野で天地の神に祈ったという故事に由来し,3度振る鉾は天の神,地の神,先霊に祈るためという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

振鉾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

振鉾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation