@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

振鷺亭【しんろてい】

世界大百科事典 第2版

しんろてい【振鷺亭】
?‐1819(文政2)
江戸後期の戯作者。本名猪狩貞居(いかりていきよ)。通称与兵衛,また彦左衛門。魚米庵,寝言夢輔(ねごとゆめすけ),金竜山下隠士,金竜山人,関東米(かんとうべい)などの別号あり。日本橋本船町の家主で浜町に住した。絵を鳥居清長に学んだというが,戯作は1789年(寛政1)刊の洒落本《自惚鏡(うぬぼれかがみ)》を処女作として翌90年刊《格子戯語(こうしけご)》,寛政改革後の寛政年間(1789‐1801)に刊行した《玉の牒(ぎよくのちよう)》《客衆一華表(きやくしゆいちのとりい)》などの洒落本に佳作が多く,読本に《いろは酔故伝》(1794),《千代曩媛七変化物語(ちよのひめしちへんげものがたり)》(1808),《阥阦妹背山(おんよういもせやま)》(1810)などがあり,ほかに滑稽本,合巻の作もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しんろてい【振鷺亭】
洒落本、読本、草双紙作者。本名猪狩貞居。二流作者の域を出ないが、戯作の各方面に筆をふるい、洒落本「自惚鏡」、読本「いろは酔故伝」が代表作。なお、人情本作者為永春水が二世振鷺亭を名乗った。文政二年(一八一九)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

振鷺亭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

振鷺亭の関連情報

関連キーワード

橋本宗吉おらが春シンガポール(国)ベートーベンアンベールブリジェンス石田春律各務文献林国雄渡辺一

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation