@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

振鼓【フリツヅミ】

デジタル大辞泉

ふり‐つづみ【振鼓】
二つの小型の鼓を互いに直角の向きに重ねて柄で貫き、胴の側面に玉のついた糸をつけ、振ると玉が鼓の皮に当たって鳴る楽器。舞楽などで用いられる。
1に似せて小型に作ったおもちゃ。でんでん太鼓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふりつづみ【振鼓】
(1)雅楽で用いる膜鳴楽器。中国の(とう)の日本での呼び名。古くは,宮中での追儺(ついな)や田楽などでも用いられた。現在では舞楽《一曲(いつきよく)》でのみ左方の舞人が舞具として使用。四天王寺舞楽では,路楽(みちがく)・行道(ぎようどう)の際にも,左方の楽頭が持つ。首から鶏婁鼓(けいろうこ)を下げ,右手にそのばち)をもち,左手にこの振鼓を持つ。小さな円筒型の太鼓2個を直角に重ね,二つの胴の中央に柄を1本貫通させたもので,小さな玉をつけたひもを1本ずつ,各面の先端に結びつけ,舞人が柄を振ると,この玉が革面に当たって音が出る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふりつづみ【振鼓】
舞楽で、舞人の用いる楽器。胴に玉のついた糸をつけた鼓を互いに直角に重ね、柄を通したもの。柄を振ると、玉が革に当たって音が出る。舞楽の「一曲」のほか、行列参向などでも用いる。鼗とう
をまねた玩具。でんでん太鼓。
「鈴太鼓」の別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふり‐つづみ【振鼓】
〘名〙
① 雅楽の舞楽で舞人が用いる楽器の一つ。舞楽「鳥向楽」の舞具として用いられる。→鼗(とう)
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)一二月二五日「振鼓二柄」
② ①の形に似せて小さく作ったおもちゃ。でんでんだいこの類。
※海人刈藻物語(1271頃)四「何とて此頃は泣かせ給ぞ、雛のほしくおはするか、ふりつつみ奉らんよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

振鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

振鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation