@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

捕獲審検所【ほかくしんけんじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

捕獲審検所
ほかくしんけんじょ
prize court
海上捕獲効力を確定するために交戦国が国内法に基づいて設置する特別裁判所。戦時において捕獲した船舶積荷は,捕獲審検所の裁判 (検定) によって初めて捕獲の効力を生じ没収される。この審検所の組織,権限,適用法規などは,各国の国内法によって規定されるため,必ずしも公平な裁判は期待できない。 1907年ハーグ平和会議で各国の捕獲審検所の上級審として国際捕獲審検所の設置が企てられ,敵国民や中立国民も出訴できるという点で注目されたが,適用する法規 (ロンドン宣言) の確定に失敗し実現をみなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほかく‐しんけんしょ〔ホクワク‐〕【捕獲審検所】
交戦国が、海上における捕獲の効力の有無を確定するために設ける特別の裁判所

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほかくしんけんじょ【捕獲審検所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

捕獲審検所
ほかくしんけんじょ
prize court
戦時において海上捕獲の効力を確定するために設置される交戦国の特別の裁判所。敵の船舶、その積み荷、ならびに中立国の船舶、その積み荷は、一定の場合に交戦国が捕獲することができる。しかし、これらの捕獲は、交戦国軍艦が拿捕(だほ)することによってただちに効力を生じるのではなく、捕獲審検所の行う裁判、すなわち検定によって初めて効力が確定する。そこで交戦国は国内法によって、このような審検所を設置すべき義務を負う。わが国も第二次世界大戦に際して、横須賀(よこすか)と佐世保(させぼ)に第一審の捕獲審検所を、東京に第二審の高等捕獲審検所を設置していた。捕獲審検所は国内機関であるから、かならずしも公平を期しがたい。1907年にハーグ平和会議で、その上級の審検所として国際捕獲審検所を設置する条約が採択されたが、結局のところ流産に終わった。[石本泰雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほかく‐しんけんじょ ホクヮク‥【捕獲審検所】
〘名〙 捕獲②の効力を確定するために、交戦国が設けた特別な裁判所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捕獲審検所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

捕獲審検所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation