@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

捕獲【ほかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

捕獲
ほかく
capture
交戦国が敵または一定の中立国の船舶貨物を没収すること。捕獲の対象は,敵船,敵貨,敵船上の中立貨のうち戦時禁制品,封鎖侵破の中立船および積載貨物,中立船上の戦時禁制品 (その禁制品が価格上,重量上,容積上,運賃上,全貨物の2分の1をこえるときは,その中立船も捕獲される) である。敵船のうち,沿岸漁業に従事する船舶,宗教,学術博愛任務を帯びている船舶,カーテル船などは捕獲を免れ,貨物のうち,郵便信書は不可侵を保障される。捕獲は,交戦国軍艦によって停船臨検,捜索,拿捕手続をとって行われ,中立国の領海では禁止される。船舶,貨物は,拿捕国の国内に設置された捕獲審検所による審検を受けて没収される。なお航空機の捕獲は,船舶とほぼ同様に扱われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほ‐かく〔‐クワク〕【捕獲】
[名](スル)
動物などを捕らえること。いけどること。「鹿を捕獲する」
国際法上、戦時に、交戦国の軍艦が敵国または中立違反の船舶を取り押さえること。海上捕獲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほかく【捕獲 capture】
戦時国際法上,交戦国に認められる交戦権の一つで,交戦国が,交戦区域,すなわち交戦国領域や公海上において,敵の商船やその積荷,また一定の条件の下で中立船や中立貨を拿捕(だほ)し,捕獲審検という一種の裁判手続を踏んで,これを没収することをいう。敵兵力を構成する船舶,すなわち軍艦が直接攻撃の対象となり,拿捕された場合には戦利品bootyとして直ちに没収されるのと異なり,私船および商業目的の公船は捕獲手続を経てはじめて捕獲物prizeとなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほかく【捕獲】
スル
とらえること。いけどること。 動物を-する
戦時に、交戦国の軍艦または軍用航空機が、公海や交戦国の領海において、敵国または中立国の船舶・航空機およびその積荷を、一定の手続に従い拿捕し、没収すること。海上捕獲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほ‐かく ‥クヮク【捕獲】
〘名〙
① とらえること。いけどること。とりおさえること。
※古事談(1212‐15頃)四「遂不捕獲、於成子内親王〈宇多御女〉家内、捕獲紀近輔
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「汝等若し此等の動物を捕獲せば」 〔梅堯臣‐聞進士販茶詩〕
② 国際法上、戦時に、交戦国の軍艦が、敵国または中立違反の船舶を捕えること。海上捕獲。〔捕獲審検令(明治二七年)(1894)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捕獲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

捕獲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation