@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

捕虜の待遇に関する条約【ほりょのたいぐうにかんするじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

捕虜の待遇に関する条約
ほりょのたいぐうにかんするじょうやく
Geneva convention relative to the treatment of prisoners of war of August 12, 1949
ジュネーブ条約の第3条約で,捕虜の扱いについて定める条約。正式には「捕虜の待遇に関する1949年8月12日のジュネーブ条約」。捕虜条約と略称される。1929年に俘虜ノ待遇ニ関スル条約として締結され,1949年に改正,現名称となった。6編 143条からなり,捕虜の地位,抑留,労働条件などを規定し,人道的待遇を義務づけ,また捕虜情報局設置,救済団体の地位なども規定する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捕虜の待遇に関する条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

捕虜の待遇に関する条約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation