@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

捕鯨母船【ほげいぼせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

捕鯨母船
ほげいぼせん
whale factory ship
捕鯨船団の中心となる鯨処理工作船。普通鯨油鯨肉の貯蔵能力も備えた大型船で,1万~3万総tの規模もち,船団指令部となる。最も特徴的な外観として船尾開口部があり,クジラ甲板まで引揚げるスリップウェーと,巻上げ装置をもつ。船内は鯨処理貯蔵の全工程が機械化されている。日本では 1934年に就航した『図南丸』が最初のもので,国産第1号船は 36年の『日新丸』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほげいぼせん【捕鯨母船】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

捕鯨母船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

捕鯨母船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation