@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

捕鯨船【ほげいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

捕鯨船
ほげいせん
whale catcher
キャッチャーボートともいう。クジラ捕獲に従事する快速。沿岸で捕獲を行う比較的小型のものと,捕鯨母船とともに船団を成し遠洋へ出漁するものがある。後者の場合は一般に船長 40~65m,500~700総tのディーゼル機関船で,船首捕鯨砲,高い見張り用マスト,船首の綱繰台などを備え,外洋性の荒い波浪に耐える船体と,機敏な運動性能をもつ。なお,母船式捕が始る 20世紀初頭までは鯨油の採油装置,貯蔵タンクを備えていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほげい‐せん【捕鯨船】
クジラを捕るための捕鯨砲などを備えた漁船。キャッチャーボート 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほげいせん【捕鯨船】
捕鯨業で直接クジラをとる船。キャッチャーボートcatcher boatともいう。キャッチャーボートの大きさは南極海の母船式捕鯨に参加する800トン型のものから,近海捕鯨に従事する200~350トン型のものがある。さらに小型クジラを対象としている小型捕鯨業においては50トン以下の船も使用されている。性能面では,クジラを追尾し,これを捕獲するために高速力と旋回性能が要求される。大型のキャッチャーボートでは最大19ノット程度の速力をもち,日本から南極海まで補給なしで航行できる航続能力を備えている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほげいせん【捕鯨船】
鯨をとるための特別の装置・用具を備えつけた船。普通、捕鯨砲を備えたキャッチャーボートをいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほげい‐せん【捕鯨船】
〘名〙 鯨を捕えるために、特別の装備をした船。キャッチャーボート。《季・冬》
※朝野新聞‐明治二一年(1888)八月九日「皆な捕鯨船なりと称せしが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捕鯨船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

捕鯨船の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation