@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

据文金物【すえもんかなもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

据文金物
すえもんかなもの
甲冑の装飾金具の一種。大鎧栴檀 (せんだん) 板,鳩尾板の吹返し,鍬形台,しころの裾板,大袖,草摺 (くさずり) の板などに打ってある。そのうち,裾板にあるものを裾金物という。平安・鎌倉時代には単純な,桜などの鍍金の文金物が用いられたが,鎌倉時代末期には菊籬 (まがき) ,梅樹にちょう文様などの豪華な大金物が用いられた。室町時代には三盛菊円文が盛んとなり,のちには家紋を彫った金物を据えるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

据文金物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

据文金物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation