@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

掘棒【ほりぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

掘棒
ほりぼう
digging stick
原始的農具一種で,よく土を掘ることができるように先をとがらせた。採集民たちは球根掘りなどに用い,またをもたない原始農耕民たちは,土を浅く耕したり,種やを植付けるを掘るために用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほりぼう【掘棒】
可食性の根茎塊根を掘り出したり,土を軟らかくしたり,突いて植穴を作ったり,除草のためなどに用いられる棒。もっとも簡単な掘棒は,棒の下端を削ってとがらせただけのものである。この種の簡単な掘棒は採集狩猟民にひろくみられるほか,東南アジアやインドオセアニア,さらに熱帯アメリカなどの焼畑農耕民のもとにもひろく分布している。掘棒には使いやすくするため,さまざまの形態のものが生み出された。その下端を広くしてシャベル状にしたり,先端を二叉にしたり,さらに石器や骨器あるいは金属器の刃先を装着したものも少なくない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

掘棒
ほりぼう
原始的な農耕具。棒の先端をとがらせただけのものが世界の広い地域で行われ、メラネシアポリネシア、ミクロネシアなど、タロイモ、ヤムイモ栽培民の間では唯一の農耕具となっている。わが国では、鍬(くわ)や鋤(すき)が弥生(やよい)時代にすでに発達し、掘棒は根菜類の採取にもっぱら使用される。自然薯(じねんじょ)掘、竹の子掘、ねぶか掘、にんじん掘、ごぼう掘などとよばれるものがそれで、多くは柄(え)の先端に鉄の刃先を取り付ける。薩南(さつなん)諸島から沖縄にかけてはクイとかビラ(ヘラ)とよばれる大小の掘棒で田芋(タロイモ)や甘藷(かんしょ)の植え付け・収穫を行っている。『万葉集』冒頭の菜摘みの歌に詠まれる「ふくし」(掘串)は小型の掘棒とみられる。[木下 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掘棒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掘棒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation