@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

掛川【カケガワ】

デジタル大辞泉

かけがわ〔かけがは〕【掛川】
静岡県南西部の市。もと東海道宿場町太田氏城下町の生産・出荷地で、楽器・OA機器などの工業も盛ん。葛布(くずふ)を特産する。人口11.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

掛川
静岡県掛川市にある。国道1号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛川
△福岡県三潴郡大木町▽などで生産されるイグサ敷物、またその織りの技法。美しい縞模様が特徴。福岡県知事指定特産民工芸品。「掛川織」ともいう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かけがわ【掛川】
静岡県中西部の市。東海道に沿う宿場町・城下町。茶の集散地。製茶・楽器工業が盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

掛川[その他(工芸)]
かけがわ
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
三潴郡大木町・久留米市筑後市柳川市大川市などで製作されている。掛川とは、もともと仏壇の前に敷く花ござのこと。現在は、広くい草カーペットのことをいう。江戸時代末期の1859(安政6)年頃から筑後地方でつくられ始めた。直線的な図柄のなかに、ぼかしが効果的に採り入れられている。福岡県特産民芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

掛川
(静岡県掛川市)
東海道五十三次」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かけがわ かけがは【掛川】
静岡県南西部の地名。市内を流れる逆(さか)川の古名の懸河(かけがわ)による。古くからの東海道の宿駅。江戸時代は譜代掛川藩の城下町。特産物は葛布(くずぬの)。昭和二九年(一九五四)市制。懸川。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

掛川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

掛川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation